七夕音楽祭

7月7日
オサム君とパーシモンしん君とが、七夕の夜に音楽祭をやろう、と企画しました。
楽曲喫茶パーシモンで音楽祭をやるのは、クリスマスに続いて2度目。

初めて開いたクリスマスの音楽祭はお客様はきてくれたけど不慣れなことが多くて、
不手際もあったけど、あれから半年。

 

夏の音楽祭は少しでも進歩した形でやろう、としん君とオサム君は、仕事の合間に柿の木 バンド(ギターはマスターとオサム君、ピアノはしん君)の演奏曲の練習をしたり、案内状を作ったりして、二人だけで開催にこぎつけました。

7日は日中も大騒動。
パーシモン音楽祭は音楽も手作りなら料理も手作り。
私も制作を任された料理を2種。なんにしようかなあ、と考えてクリスマスにも作った
鯖サンドとたぶんお客さんにもというよりこの地の人にはあまり馴染みがないだろう
皿うどんを作ることに。

皿うどんといってもうどんではありません。私が生まれ育った福岡では、大人でも
子供でも当たり前に食べるちゃんぽんと並ぶ皿うどん。固い揚げ麺にたっぷりの
野菜や海鮮のたれをかけた中華麺です。

6時前に作り上げて、前回はピアノを弾いたけれど今回は弾かないよ、という孫を
連れてパーシモンへ。
料理はいっぱい、お客様もいっぱいででなんとか盛況で始まりそう。

オープニングは恒例、松の木バンドから始まって、あとは飛び入り演奏者ということで
私が知らない演奏者が数人。
通りかかりでパーシモンでお茶を飲んだお客様、初めて来て、楽器を弾けるなら是非
演奏してくださいと、頼まれたお客様が、この岩出山だけではなく仙台や古川からも
来てくださってました。

クリスマスに縦横無尽にピアノを奏でてみんなを楽しませてくれたコガワさんは、
時々一緒に演奏なさるというベーシストと一緒にみえてて、どんな音楽が聴けるか楽しみ!

体調崩したりして練習時間が少なかったオサム君も、ボーカルでビートルズの曲を聴かせて
くれました。

今日70歳の誕生日を迎えるマスターもギターで参戦。

一度だけパーシモンにみえて音楽祭に引っ張り込まれたお客様。

一度だけパーシモンにみえて、是非とも是非ともと請われて仙台から来てくださった
東京帰りのお客様。

大変ギターが上手な方で、おおいに音楽祭が盛り上がりました。
ピアノを弾いてくださるのは、時々お店に寄ってくださる学校の先生ですが、今回は
クラシックを弾きますと、丁度仕上がったばかりと聴かせていただいたラフマニノフの
ピアノソナタは圧巻でした。

なにより凄いのはこんな近くでこんな狭い空間で生の楽器演奏を聴けること。

弾いて歌って食べて、宴は進み、終わったあとはマスターの誕生会。
小さなケーキにロウソクを7本立てて祝う70歳。
今の時代、70歳はまだまだやれることがいっぱい。

プレゼントに送った魚包丁で、マスターはこれから料理にも力が入ると思います。

うちの孫まで入れると、76歳から小学校4年生まで、各年代が出揃い、常連の
お客様も新しいお客様も私たち仲間も、そこに音楽があるというだけで、親しく
笑顔がや会話が交わせる手作り音楽祭。

人を繋げる楽器演奏の凄さを実感します。
それにしてもマスターが「自分で取ってくる」と張り切って伐りに行った七夕の笹の
ちっちゃかったこと!
それに比べて大きな短冊に、みんなどんな願いごとを書いたんだろう。

次はまたクリスマスにしん君とオサム君にがんばってもらいましょう。

 

 

 

自然を食べる

昨日と今日は真夏日。暑かった!

滅多に使わないエアコンをついに使いました。

前のPCが終わってやっと新しくなったと思ったら、今度はエコキュートが壊れて
お湯が出なくなり、今日は修理に来てもらいました。

あまりにもエコキュート回りの草が伸びているので、ちょっと刈っておこうと草刈り機で
刈り始めたら、今度は燃料切れでエンジン停止。残りは鎌で刈って汗ダクダク。

猫がぶつかって割れた加工場のガラスを替えてもらおうと、ネットで見つけた町の
ガラス屋さんに直してもらおうと電話をしてしたら、すぐに来てくれたのですが、
イマージェンシイということで滅茶滅茶高くてびっくり。

普通価格の2倍半くらいの料金ということなので、修理を中止しました。
いくらなんだってだせない。ネットには普通価格より低い値段が書いてあったのですが。

 

みたいなことで日常生活はトラブル続き。
これ以上お金がかかることはごめんんこうりたい。

 

ここに住んで17年。来て1、2年して植えたプラムが青い実をびっしりつけました。
例年なら虫や鳥に食べられて、紅く熟す頃には見るも無残な姿になるのに、今年は   どうしたのか、洋風プラムも和風プラムも虫もつかず鳥もくわず健在。

和風プラムはここではばたんきょ(巴旦杏)と呼ばれ、洋風はプラムで品種もソルダム
とか植えたのだけれど、成るまでの時間が長すぎて名前は忘れた。
でも今年は洋風も和風も人間が食べられそうです。

「赤毛のアン」に出てくるピンクの花が愛らしいクラブアップル。
これも紅い固そうな実をびっしりつけているけれど、食べられるのか食べられないのか
どうなんだろう。見るからにまずそうなので採る気になれない。

そしてブルーベリー。
植える時には、ホームセンターで苗木が半額になってたとかで、買っては植え買っては
植えして、何度が草刈機で刈り飛ばしたりしたのだけれど、そんな苦難にも負けず
大きく育って、今年は驚くほどたくさんの実をつけました。

植える時には実なりや収穫のことなど考えていないので、成ってみてこんなにたくさん
なるのか!とびっくり。
木の横を通りかかる度に、横目で見ては「ああ、実が落ちそう、早く採らなきゃ」と
思いつつ、忘れ忘れてほっといて大量の実をついに雨の中で採りました。

大きなボールにいっぱい。
ジャムにするのも冷凍にするのも面倒なので、ボールを横に置いといて、おやつ代わりに
食べているけど、これで少しは目がよくなればいいんだけど、、、と期待しています。

昨日草を刈ったらクルミがゴロゴロ。
去年はリスに食べられたくなくて、落ちたらすぐに拾う、拾うけど処理が面倒で
ほったらかす、という無駄なエネルギーを使ったので、今年は欲張らずリスにも
わけてやって自分でできる範囲で拾って処理をしてくるみ餅の材料を作ろうと思います。
せっかく和菓子教室に通っているのだから、実なりを利用しなくては。

ちなみに今回の和菓子は「水ようかん」でした。
出来上がった水ようかんを青い竹の筒に入れてみずみずしい笹の葉で蓋をして、その   お洒落な清涼感に大満足したのはいいけれど、竹筒から水ようかんの出し方を聞き忘れて、キリで反対側に穴を空けたり、包丁で縦に叩き割ったり無粋なことに。

自然を食するというのは、その季節になると楽しいことではあるけれど、手間も時間も
かかって、ついでに虫にも刺されてなかなか大変です。
そういえば由美さん、蜂に刺されてたけど、どうなったかな、、、。