高知へ

高知2日目。

「前は急げ」ということで、早々と朝食を済ませて一同、梅原デザイン事務所に向かって出発。梅原さんには事前連絡なしなので、お忙しかったら即刻退散します。

梅原デザイン事務所は、物部川の流れをを見下ろす高台にあります。
前回の台風ではだいぶ水が上まで上がる様子をテレビで見て心配したけれど、川は普段に戻って緑豊かな広がりを見せてくれていました。

この右下に写るのは、本日の訪問でたまたま出逢ってしまった、梅原事務所のこれから作るガーデンを設計施工なさるガーデナーさん。

先日北海道で昼食をとる時間もないくらいにガーデンからガーデンをめぐり歩いた野田さんと
私は、ガーデナーさんの動きに気をとられ、時折大切な梅原さんのお話しを聞きもらしそうになったりしました。
このお庭ができた頃にまた梅原さんのお宅にお邪魔したい。外から庭だけでも見せていただきたい。そんな心境になりました。

丁度事務所におられた梅原さんは、突如玄関のガラスの外に現れた高橋君の顔を見て、びっくりなさったと思いますが、憧れのデザイン事務所にあげて頂きました。

四万十新聞バッグコンクールin東北まであと2ヶ月。
もう待ったなんて言ってられる時間はないのですが、今回開催地としてご協力することになった私たち東北在住ウミヤマは、東北で四万十新聞バッグコンクールをやる意味がいまひとつ掴みきれてません。ません、ということはモチベーションが上がらない。

今日はひとつ率直に率直に梅原さんの新聞バッグに対するお気持ちをうかがってみたい、というのも、この突撃訪問の目的なのでした。

午後4時から梅原さんのご著書の新刊本「おいしいデ」の出版記念パーティを控えられた梅原さんはお忙しいにも関わらず、時間をかけて説明してくださり、理解できた私たちは胸のつかえがおりて、新聞バッグコンクールの準備に臨みます。

思いがけず、梅原さんのお宅の檜舞台を見せて頂けることになり、プライベート空間に上がらせて頂いて、奥様の和香さんにもお目にかかれました。

梅原さん宅の檜舞台は、外と中のあわいが定かではないようなお部屋の前の広い自然の中に作られていて、物部川が一望できます。ここはお宅の3階です。

突然のアポなし訪問で梅原さんには大変ご迷惑をかけてしまいましたが、直接向き合ってうかがう梅原さんのお話は、常に意外性に満ちて、目からウロコ。
なるほどなあ、と腑に落ちます。とても大きな視点で物事を捉えられていることがよくわかります。良い時間をいただきました。

梅原さん訪問の後はもうひとつ行きたいところが。

こちらもお約束はとっておらず、どころかお住まいの場所もわからない。
でもおお会いしたことはある川村一成さん。

fbで毎年暮れに作られる門松が盛大にお宅の庭いっぱいに並んだ写真を見たことがあるのですが、それくらいしかわからない。家がどこの地区にあるかはわかるので、探しながら行くことにしました。

が、探せるような集落ではなかった。うねうねうねと高みに登る山道を、fbで見たような家を目標に進むのですがわからず。人にも合わず、でだいぶ奥まで進んだところで男性一人に遭遇。ありがたいことに川村一成さんのお隣の方でした。

ベンツは全然はいれないので、徒歩で川村さん宅へ。

とうとう見つけ出して伺った川村さん宅。
丁度お昼のお食事中。突然の訪問で本当に驚かれたと思うのですが、ご親切にお食事の後、栽培なさっている四方竹の圃場へ連れて行ってくださることになりました。

圃場は自宅から少し離れていて、交通手段は軽トラ。

川村さんは孟宗竹の栽培もなさってますが、秋の今からは竹の茎が四角い四方竹。高知のお料理やさんではこの四方竹のお料理がよく出ます。秋に筍が食べられるなら、是非宮城にと思うのですが、生育には寒すぎるとのこと。残念。

よく手入れされた四方竹の圃場で竹についてのお話をうかがいました。

川村さんの孟宗竹は生食と缶詰用で消化し、間伐材はとっておいて門松用に使う。無駄なものは残さない、という回し方できれいに竹が循環するという、私たちがそうありたいと願うお仕事をなさっていました。

60代半ばでサッカー現役。いつも柔らかな笑顔を絶やさない、ほんとに若々しい自称お百姓さんです。毎年12月は門松作りの月。今年の12月にはよっちゃんが弟子入りして、今奮闘中のしめ縄プラス門松ができたら、いつか岩出山の町の正月はよっちゃん手作りの門松が風物になるのかもしれません。

ここでの農業はほんとに体力勝負。機械が入らないところだから。

 

午後からはパーティの会場で、新聞バッグコンクールの短時間打ち合わせ。

その後のパーティ会場では、梅原さんがこれまでデザインなさった商品が勢ぞろいして並びました。
もちろんよっちゃん農場くま納豆も新聞バッグも。

そして出版をお祝いする今日のメインの新刊本は。

 

最終日はうどんデー。

野田さん、高橋君の計画では帰りしなに香川で6軒のさぬきうどん屋に行く。
6軒なんて食べられるわけない、と私は思うのだけれど、それが「食べられるのだ」とは野田さんの弁。

1軒目。普通の小さいスーパーマーケットの奥の製麺所に空のお椀を抱えて並びました。順番がきたらひと玉か二玉か食べたい麺を入れてもらう。
かけるのは醤油と細かく切った小ねぎをドサッ。
てんぷらなどほしかったらスーパーのレジ横で買う。買ったら外に出て、立ったままかあちこち座って食べる。というかって経験したことがないうどんの食べ方。なんですが、これがおいしいのッ!
うどんは食べない私ですが、全部食べた。200円。

2軒目。
たらいの中のうどん。少し柔らかめだけど、やっぱり美味しい。
博多のうどんとは全然違って、麺のこしが強いけど食べられる。
一緒に販売されているおはぎもまたおいしい。うどんとおはぎの組み合わせがどうよ、とは思うのですが、、、。

うどん屋に興味が出てきたところで、時間がなくなり3軒目以降は割愛となりました。
が、せっかく四国に来たのですから、お遍路の気持ちも少しは味わいたくて、うどん屋の近くの第七十六番霊場へ。

 

新聞バッグコンクールの成功を念じて、宮城に帰ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA