ワインとベリーとナチュラルガーデン

北海道に来ました。
今度は少し長くて5日。同行者は知人の女性ふたり。
目的はいろいろあるのですが、まず第1日目は余市に行くことになっています。

が、出発時点で前夜からの台風襲来で飛行機が飛ぶのか、飛ばないのか。
空港まで行く新幹線と電車が動くのかどうか。先行き読めないまま、とにかく
空港までは行くしかないと新幹線の駅まで行ったら、恐れたような風雨はなに
もなく、何事もなく電車は動き飛行機は飛び、お昼前には新千歳空港に降り
立ちました。

その頃、関東では被害がひどかったようで、千葉では今も停電中とか。
この暑さで電気系統が何も動かないとは、お気の毒でなりません。一刻も早い
回復を願います。

出迎えてくれたN君(2週間ほど前から富良野の風のガーデンでガーデニング
の研修中)の車で一路余市の仁木町へ。
途中小樽の海鮮屋さんで昼食。小樽の名物は海鮮どんぶりなのだそう。
来たことあるのに全然知らなかった。立ち並ぶ店々の中でも最も有名らしい
海鮮屋さんで焼きたて熱々のでっかいほっけを頂きました。

余市は北海道一の果物生産地。それにテレビドラマ「まっさん」のニッカ
ウイスキー。だけれども今回の目的は仁木ヒルズのみ。
仁木ヒルズは、仁木町の豊かな自然を利用して作られた滞在型のワイナリー。
葡萄畑、ワイナリー、ナチュラルガーデン、などが組み合わされた複合施設
で、まだ未完成のようだけれど、そのロケーションは大変雄大で素晴らしい。

トウモロコシの皮の屋根を被った薪。
そして横にはたわわに実をつけたプルーンの木が二本。
地面には熟したプルーンがごろごろ。なんと豊かな、、、。

次は、余市といえば前から一度は見てみたかったアリスファームへ向かいます。
ご当主は藤門弘さんで夫人は宇土巻子氏。昔私が若かった頃、そのカントリー的
ライフスタイルに憧れて本だの雑誌だのでよく見ていたアリスファーム。

たしか羊がいて、その羊毛で編んだセーター類や宇土巻子さんが作る焼き菓子
や果樹を栽培されていたような。

寒い土地で育つブルーベリーやハスカップ、カシスなどのベリー類の農場。


羊ではなくヤギのグー君とチョキ君

北海道に来てまだ初日。
販売用のベリーの木を買うのは諦めて、アリスファーム特性のセーターを2枚
購入。一路富良野へと向かいました。2時間余のドライブ。どこへ行くのも
遠いこと遠いこと。これが北海道です。

これで北海道第一日目を終了。
そして今日1日目の感想はというと、全然爽やかでも涼しくもなくて、9月半ば
の北海道は実に蒸し蒸しして暑かった。なんなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA