それぞれに…..

このところ、10月に行われる音楽祭で、合唱曲のピアノ伴奏をする小4の
孫に付き合って、ピアノレッスンの付き添いが度々。

付き添いは構わないけれど、合唱をする子供たちの代わりに歌えと言われて
歌えなくて四苦八苦している合唱曲はWith You Smile.

小4の孫にとっては伴奏も大変そうな曲だけれど、合唱のほうも途中から高音と
低音に分かれて半音部分も多く、何回歌おうとしても挫折して孫にため息をつかれて
いる日々。
でも先生のご指導のお陰で、孫はこの難しい曲をしっかり弾けるようになりました。

問題は私だ。
がんばります。

お盆は終わったけれど、野田さんの菊もいよいよ最終段階に入ってきました。
花栽培の経験などなく、「やってみたら?」と余剰の菊苗300本を手渡されて
先輩のクリちゃんに教わりながら、たどたどしく始めたお盆菊の栽培ですが、
今では花切り、花の結束、袋入れまですっかり手慣れて、畑にあるあらかたの
菊は販売しました。

この経験をして、この先も菊の栽培は続けてみたいとのこと。
クリちゃんもオッケー。来年も畑を使っていいよ、と言ってくれました。
秋から冬にかけて来年の苗作りが始まります。これも是非学んでほしい。
若い花作りの農業者が育つことは、私たち年寄りの念願なので。

 

パン工房「青い虹」のじゅんこさんが、お店を夏休みにしたからと、岩出山を
訪ねてくれました。

じゅんこさんの日常は、息子さんと一緒にパン工房のパンを焼きながら併設の
パンレストランを経営し、90歳半ばのお母様の介護にあたるという超ハードな
日々。

一緒にどこかに行こうとか、何かを学ぼうとか今はできる状況ではないので、
あつかましくも「私が作ってあげる」と洋服作り新米の私が、先週ミシンと格闘
して仕上げたチュニック(まあ昔で言う簡単服)を着て来てくれました。

よく似合っていてひと安心。

「荷物を整理していたら*行きたいところリスト*というのが出てきたの」
と笑うじゅんこさん。
まだまだ行きたいとこリストの実行は叶わないけれど、餡子を利用したり、饅頭の
包み方を極めたり、一緒にやりたい、やらねば、がいろいろ。
話がつきない楽しい時間でした。

 

そして一昨日は、パーシモンお休みの千代さんと一緒に石巻の加納さん宅を訪問。
早いもので、突然思いついて始めた洋裁教室ももう5回目で、それぞれに上着を
作ったり、ズボンやモンペを作ったりで実績が上がったのかどうか。
作った数だけは増えてきました。

今回の教室で思わず3枚1度に布を裁ってしまった私は、無理やり作り上げて通算
5枚。それぞれに長さが違うという恐ろしさ。でも着られます。着られると思う。

洋裁教室で先生をやってくれている加納さんの本業は石巻の織り屋さん。

工房で初めて織物の現場を見た千代さんは、さっそくホームスパンのマフラーに
気持ちを惹かれ、「自分で作ったら」と言われてすっかりその気に。
作ってもらいたいです。私の分まで。

 

加納さん宅を辞して復興なった女川へ。

名店このりで名物の穴子の天ぷら丼を頂き、山ほどの魚を買って帰路に。

途中、東松島のコットンファーム赤坂農園に寄りました。

お餅や米飯を商品とする会社、イーストファームの赤坂社長が大震災後、塩害で
傷んだ土地に塩に強い綿の種を蒔いて始められた東松島コットンプロジェクト。
7年経った今では、綿畑は最初の頃よりもずっとずっと大きくなって、棉についで
広大なラベンダー畑、ハーブの畑も拓かれて、年間5000人ものお客さんやたくさんの
ボランティアが農作業の手伝いに訪れる、名が知られた農園になっています。、

なんと、誰もいないだろうと立ち寄った農園に作業着姿の赤坂社長がいました。

白いふわふわの綿の花はまだ咲いていて、咲き終わりにピンク色になった花から
丸い緑の綿ボールに変わりつつある時期。

写真は撮ったけれど、残念、パソコン、アイホンのどっちがどうなったか判らない
けれど、写真がここにUPできません。

この緑ボールが弾けて白い綿に実るのは秋。
11月には盛大に収穫祭が行われます。紅葉の時期の日曜日はお餅の仕事も最盛期。
なかなか綿の収穫には参加できないのですが、一度は来て収穫してみたい、と
広大な綿畑に立つと思わせられます。

収穫した綿は大阪の紡績会社に出荷され、その後アパレル各社によって、布や服や
ジーンズなどになるのだそうで、私はそのサークルの完成に感動します。
作ったものは最後まで役立ってほしい。
種を蒔き育てて見て終わりではつまらないので。

 

そして週の中間では、7月半ばから福島で開催されている倉本聰点描画展に倉本
先生が来られ、一緒に谷山さんもみえると連絡が入り、急遽福島へ。

月末にみんなで点描画を見ようと予定していた福島行きは反古になり、谷山さんに
用事がある野田さんと二人で福島中央部にあるとうほう文化センターへ。

この点描画展、先生の点描画だけではなく、これまで書かれた数々のテレビドラマ
の作品や北の国からの関連資料などなどなどなど、もの凄い量で驚きました。
みごたえあります。倉本聰という人の仕事の凄さに胸がふるえます。

是非たくさんの人に見てほしい。

そしてまた帰りには猪苗代のハーブ園に寄って視察。
昔私が田舎に行ってハーブ園をやりたいな、などと老後の夢を追っていた頃には
まだたくさんあったハーブ園は、その後にどんどん数を減らしました。
その中で猪苗代は今も隆盛のハーブ園ですが、まあ、夏の終わり花も終わりという
時期でもあるので、大きいけれど花も人影もまばら。

目立つのは、というより確実に記憶に刻まれるのは、ハウスの中、天井いっぱいに
枝葉を広げ濃いピンクの花を咲かせているブーゲンンビリア。
こんな年数の経ったブーゲンビリアを見られるのはここだけじゃないだろうか。

忙しい1日の役目を終え、遠い町なみが眼下に広がるハーブ園のベンチで休めば、
涼しい風が吹き抜け、右手には長く裾を引く青紫色の磐梯山が眺められる美しい夕方の
風景に心が休まります。

 

そして最後は昨日。
岡山大学大学院の藤井先生と高知大学の佐藤先生が岩出山を来訪。
ご一緒に鳴子温泉の鈴木みきさんのcafeさとのわで昼食をご一緒にということに
なりました。

1年に2度ほどお会いする藤井先生の研究のテーマはこの大崎の農業ということ
であるらしく、毎回たくさんの取材をして帰られます。
今回は、今道の駅出荷組合花卉部会で進行中の「岩出山の菊生産拡大プロジェクト」
に題材を絞ってお話しました。

言ってしまったことはやらなきゃならないので、自分へのモチベーションアップも
兼ね、これから進めなきゃならないこと、岩出山を菊の生産地にしたいこと等々。

できるかどうかはともかく、県の応援を頂きながら営々とやっていればなんとか
先が見えてくるのではないかと、、、。

 

忙しい1週間でした。
来週は少し静まるのかどうか。

なにはともあれ、写真をUPできるようにします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA