よくわからないけれど、、。

80歳になった日の朝は、変わらず加工場でのお餅仕事。
今年の秋は毎日嘘のように暖かくでずいぶん楽をさせてもらった
けれど、流石にこの2、3日は冷え込んできました。
加工場の気温は2度。
霜で畑の花は全滅だろうから、仕事的にはこの先楽になって
内心嬉しい。

定時どおりに道の駅に出荷。
今のところコロナが落ち着いているからか、よくは分からない
けれど、宿代が安くなるとか食事代が何割引とかコロナ後の
地域ごとのキャンペーンで温泉に行く人が多いのか、ガラガラ
だった道の駅の狭い店内は連日の大混雑。平日、休日ほぼ変わらず
混雑するのはなんなんでしょうね。

出荷後は鳴子温泉の森の中の小さなログハウス、カフェレストラン
LIMEへ。ふたりのお友達と一緒です。


LIME のママさんも高齢者の部類。お孫さんがいるので文字通りの
おばあちゃんパワーですが、毎日2種類のランチ作りにコーヒー豆
の焙煎、地場産の野菜や山菜の漬物作りまでひとりでこなすツワモノ
女性です。料理が大変美味しい。コーヒーもばんばんお替りして
くれます。おしゃべりしたければ何時間でもいてね、というスタンス。

私はこのママさんとお客として親しくなったのではなく、私が宮城に
越して2年後に86歳で福岡から来た母が慣れぬ雪で大骨折し、入院した
温泉病院で同時期に入院していたママさんのお友達から自分の母親の
ように親切に面倒みて頂きました。それ以来のおつきあいです。

私の誕生日の当日は大入り満員。4つあるテーブル席は全て埋まって
お食事のお客さまですが、彼女は慌てず騒がず悠然と食事を出し、
おかわりコーヒーまで勧めてくれます。

今年の夏頃、ログハウスが古くなったので、今期限りでお店をたたむ、
という話を聞き、大慌てしたものですが、思い止まってくれたようで
安心しました。冬の間の3ヶ月のお休みが終わったらまた春に
会えるし、なにより高齢になればなるほどお店を閉めるのではなく
小さい規模でも開き続けていってほしい。そう思います。
閉ざしたら終わるから。再開はないからね、、、。

お誕生日だからと、お友達からご馳走してもらいました。
楽しい時間でした。

そして夜は本番の誕生会。

80歳というのはなんなのか、特別の節目なのか、今日の誕生会は
私は主賓で何もせずに待ってればよいらしい。
うちの誕生日は続いていて、私の前日は女の子の孫、翌日が私、その
次は娘と3連チャンの合同誕生会です。

千葉にいる長男夫婦に次男、娘夫婦に孫から大掛かりにプレゼント
をもらい、お金も労力も費やして豪勢な食事を準備してもらい、
ついには花束を贈られ、東京銀座の千疋屋のケーキまで届くという
豪華版。

いや、ほんと、80だわ。
千疋屋のケーキはフルーツ主体の冷凍だけれど、解凍しても美味しく
頂けました。ひと昔前なら考えられない。

中一になる孫からもらったプレゼント。
上は数年前にもらった青セキレイ。常に持ち歩くのでだいぶ汚れて
きました。
今回のは数年前に天国に行った私の愛犬春ちゃんそっくりの黒ラブ
ラドール。バビーは私の呼称でなぜか私はバビーなのです。

次は次男から届いたターエンチェックの本。

ついこの間までポーランドのヤノフ村の絵織物にハマって
調べたり織ったりしていたのですが、今度はスコットランドに
はまりそうです。

これはヤノフ村の織り方で「サバンナの夕焼け」です。
左からヒツジ、キリン、ダチョウ。。お気に入りの絵柄です。

80歳になって今思うこと。

病気はありますが、耳も目も体も今こうして元気で日々を送れる
要因はなんだろう。と考えると、
よくはわからないけど、後期高齢者になっても役割りがあること。
やりたいことがたくさんあり、付随して友達や仲間がいて楽しい
ことが多いこと。達成したい目標があること、等々。よくは
わからないけど。

体がまだ元気であるのは、これもよくわからないけれど、40代から
60歳まで山を歩いて、1日中歩くのは当たり前が体に染み込んでいた
こと。今はそんなに歩けないけれど、疲れて休みたくなっても休まず
止まらず、超スローで歩き続けるのは習慣になっています。

しかしいつまでこの生活が続けられるのかはわかりません。
2年か3年か5年か。

でもこうしていられるのは周囲のみんなの協力や応援の賜物です。
歳を重ねても扉を閉めず開いた扉でまた次の扉を開いて、1日
1時間を大切に過ごしていきたいと思います。

お祝いしてくださったみなさん、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA