いつか丸森へ

星野さんは311大震災の後に、よっちゃん農場当主の高橋君の知り合いで、
岩出山や近辺の町で食事を提供するお店を作りたいと、物件を探されている
ときに1、2度お会いしたことがあります。

岩出山では適当なお店がなく、その後に仙南のほうで大変クオリティが高いと
いう評判の洋風料理やクリームチーズのお店を出された、という話は口伝てに
聞いたけど、残念ながら食べに行く機会はありませんでした。
時折り岩出山の食料品スーパーで星野さんのクリームチーズを買って食べて、
丁寧な作りに感心したりしてました。

その星野さんが3年前から丸森町の阿武隈川のほとりでカワカフェというcafeを
開かれました。
よその土地から移り住んでカフェをオープンさせて軌道に乗せるというのは、
本当に大変なことであろうと、星野さん同様、県外からの移住者である私は思う
のですが、でも新たなカフェという分野でもあの実力できっと成功されている
のだろうな、と想像してました。

その星野さんのニュースをFBで知ったのは昨年10月の台風19号の時です。
台風19号の丸森町の被害はひどく、テレビなどの報道で見ても直視できない
ような惨状で、これは311の時と同様の大被害。回復するのには半端では
ない時間がかかる、と私たちはこちらで胸を傷めたものでした。

台風から1週間が経った頃、大阪の松葉氏から「支援をします」と連絡を頂き
ました。

松葉氏は311大震災の時に、松葉氏が関わっておられるゴルフ倶楽部のコンペ
の賞金を支援にと申し出てくださり、そして現金よりも新聞バッグのご注文で
というこちらのあつかましいお願いにも快く応えてくださり、100数十枚の大
バッグを2年も続けてご注文くださった大変恩義のある方なのです。

以来年賀のご挨拶などはしていますが、その松葉さんからまたもゴルフコンペの
賞金をとご連絡を頂いたので、迷わず丸森町の星野さんをご支援くださるよう
お願いし、快諾していただきました。

カワカフェは流されなかったものの、営業できない日々を避難中の丸森町の
みなさんに汁物の炊き出し提供で大奮闘中の星野さんへの一助になれば、松葉
さんも喜ばれることだろうと思います。

そしてつい先日、今度は星野さんが再開されたお店カワカフェを、丸森町の
皆さんの憩いの場に、県外のお客さんを丸森町に呼べる場にしようと、クラウドファンディングを立ち上げられたことをFBで知りました。

またもやの大奮闘。


松葉さんにはご支援いただいたことだし、私たちも何かをと思っていた矢先、
東京にインストラクター講習に出たよっちゃん農場の奥様みっちゃんがその
講師料の一部を「海山」に残してくれたことから、そのお金を柱に私の周りの
おばちゃんネットワークに広げてクラウドファンディングの最終に参加しよう
と思い立ちました。

が、これが思ったよりも大変で、その理由はおばちゃんネットワークは強力
なんだけどスマホなどには縁がないガラケーネットワークなのでした。

映像は送れず、フェイスブックなんてなんのことやら、クラウドファンディングを説明するのも時間がかかる。大変真面目で真摯な星野さんのFBの文章を
そのまま印刷したらA4で8枚にもなり、これでは誰にも読んでもらえない。

ということで最後に思いついたのがお手紙形式。


星野さんの文章をパソコンで無理やり3枚に押し込んで打ち直し、おばちゃん
ネットワークに持って行ったら、あ・ら60、あ・ら70のおばちゃん10人、
お手紙は飛ばし読みでも、何も言わず聞かずお金だけはしっかり出してくれ
ました。
さすが強力おばちゃんネットワーク。信頼だけで繋がる心強い仲間です。

明日はクラウドファンディング最終日。
ぎりぎりで間に合い明日の朝一で振り込みます。


そしておばちゃんたちは、カワカフェが落ち着いたら、みんなで丸森町に遊び
に行こう。カワカフェにピザを食べに行こうという約束をしました。

春の日の目標ができました。楽しみです。

それから時間がおしたのでおばちゃんは10人に止まりましたが、まだ声を
かければ強力してくれるおばちゃんはいます。
私も参加するわ、という人、声をかけてください。

みんなで丸森町に行きましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA