世田谷ボロ市前半終了

土曜日はあいにくのお天気だったけれども、日曜日はポカポカの好天に恵まれて、世田谷ボロ市
「記録的な売り上げになりました」とチームワンネス代表の大谷さんから電話がありました。

 

2日間で30万円だそうです。

180センチくらいの小さいブースで土曜、日曜で30万円売り上げるというのは、これはたしかに
記録的な数字です。すごいです。よく買って頂けたなあ、と思うと同時に大谷さんたちの販売へ
向かう準備の賜物だと思います。

 

今年は私は行けなかったけれど、昨年のボロ市には見聞のためうかがいました。押すな押すなというくらいに
たくさんの人の流れの中で、世田谷代官屋敷のすぐ近くのリブフォーライフ本田美奈子基金のブース内に
朝から夜まで立って、気仙沼や南三陸の物産を並べて販売してくださっていた姿を思い出します。

 

その時に気仙沼の公園仮設住宅に住まわれるUさんご夫妻と知り合いました。Uさんの奥様は仮設住宅で
ふっころというふくろうの人形を作っています。その人形も今年は売れたそうでよかったです。海の仕事を
なさっていたご主人が今はお仕事を休まれているのでずっと気にかかってました。

 

チームワンネスさんは大震災直後から気仙沼で炊き出しなどの支援をされました。その後は年2回の
世田谷ボロ市への参加や「南三陸からの手紙」という津波被害に合った方々の手記を本に作り上げて
日本中、またアメリカまで販売されたり、の支援活動をなさっています。

 

もう2年も近い時間が経っているにも関わらず、大震災のすぐ後も今も同じように淡々とこの東北の現状を
しっかりと把握されて、掛け値なしの支援活動を続けられるチームワンネスの皆様に深い敬意を覚えます。

 

今回販売してくださった物は南三陸のワカメ、貝の飾りものや気仙沼のふっころ人形、海山ネットの新聞
バッグに布小物に手拭い、その他その他で、よくこれだけ集めてくださったものだと感心しました。

 

後半の1月には私も参加したいと思います。

チームワンネスの皆さま、ありがとうございました。関係者の皆さま、お世話になりました。
そして買ってくださった東京の方々ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA