ミラノと世田谷ボロ市

昨年の12月15日16日に開催された、東京世田谷のボロ市が、また今月15日16日に開催されます。
寒い時期の最中だし、12月の時も夕方になると底冷えがしてずいぶん寒かったので、「いいです。
寒いから。12月だけで充分です」と販売を引き受けてくださるチームワンネスさんにお断りした
のだけれど、「構いません。売る品物を送ってくだされば売れるものは販売します」おっしゃって
くださった。

販売場所は前回と同様世田谷信金の横の代官屋敷。認定NPO法人リブ・フォー・ライフ美奈子基金
さんのブースをお借りするのも前回同様です。前回はがんばっていただいて全商品完売だったので、
今回は、東北のイベントでは時々行う、新聞バッグ入り自然食品、保存食品、常備食品と半ば
冗談混じりで謳っている、よっちゃんなんばん、梅干し、餅(私たちメンバーの自家生産品ばかり)セット
も販売していただけませんか、とお願いしてみました。

返事がない。
1日半ほど経って「止めとけばよかったなあ」と後悔。

だって東京で宮城の食品を売ってくださいというのは、言いにくいじゃないですか。相手の方が
親切であればあるほど、「ダメ」と言いにくいだろうなあ、とそんな立場にチームワンネスさんを置いて
しまった自分に後悔。

もう1日ほど経って代表のOさんから電話がかかりました。「いろんな方がいらっっしゃるのだから試しに
でも置いてみませんか。少なく。売れなかったら悪いから」と。
そうなんですよねえ。昨年はそうでもなかったのだけれど、この頃は、放射能の数値が出ている訳でも
ないのに自ら遠慮して、東京で食品買ってくださいというのは言いにくいなあ、と思うようになって
しまっています。メンバーのKは食材を東京で、と言ったとたんに「無理でしょう」と言います。

福島とその先の土地の間に1本の線が引かれてしまっているような気がします。

昨夜珍しいメールがありました。イタリアのミラノから。3月に経営なさっているお店で新聞バッグや
布小物や写真の展示でのイベントを考えられているとのこと。
イタリアの方々に何を伝えましょう。
やっぱりなんて言ったって、援けて頂いたお礼、感謝の言葉を真っ先に伝えたいですよねえ。
準備をするのが楽しみです。

 

 

 

ミラノと世田谷ボロ市” への1件のコメント

  1. 東京や、なんとイタリアのミラノまで海山ネットはいろいろなところとつながりがあるんですね。

    そうか、宮城の農産物のイメージも悪くなっているのか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA