お米がきた。

夏に訪れた時に、町の株主になった北海道上川郡東川町から、お礼のお米が
届きました。

前から食べてみたかった東川米「ななつぼし」

さすが東川町。
お米が入った段ボール箱にも配慮が行き届いて、ほんの少額で株主(特別
町民)にしてもらった私が嬉しくなるようなお手紙が添えられていました。

たったこれだけの一行でも、見たものの心が温かくなる言葉。荒々しい自分の
日常を振り返って反省させられます。

町役場の課の名前も行政も大変ユニークな東川町が、これからどのように
変化し発展していくのか楽しみです。

その株主たちが集まる株主総会が10月に開催されるというので、これは
行かねばと楽しみにしていたら、コロナでお流れに。残念。

この株主制度の特典には、日数の限定はあるけれど宿泊施設が無料で使える
というのがあり、秋の東川町や大雪山周辺を歩いてみたくもあり、夏に山の
ように購入したスエーデン製のリネンを直接目で見て買いたくもありで、
「やっぱり行こう」とSちゃんと北海道に行くことにしました。


しかし今の自分の状況としては病み上がりの身。
言い出しにくかったけれど言い出して、家族の了解をとり病院では検査を
受けて、再び晩秋の北海道に向かいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA