宿題/明日は福島

3月の「屋根」公演当日の午後、会場に到着された倉本先生からお呼びがあり、よっちゃんと二人

先生の控え室にうかがいました。何か劇公演の手筈が悪かったのか、と緊張していいる私たちに

先生と奥様のチャコさんは「けっこう高かったのよ」と高知で購入されたという段ボール製のバッグを

手渡してくださいました。常に新聞バッグを作っている私たちのために、参考になれば、とわざわざ

買って持って来てくださったのだと思います。

 

でもその段ボールバッグは立派過ぎて、作ってみようと思っても手も足も出ない。

DSCF2340

時間をかけて、できることなら段ボール工場まで見学させてもらって、段ボール+新聞のバッグを

作れたらいいな、というのが今年の宿題だったのですが、なんと海山の新聞バッグアーティスト

あやさんがかわいらしい段ボールバッグを作ってくれました。

段ボールは先生に頂いたバッグのようにお洒落ではないのですが、使用したのは海山で発送に

使っている海の手山の手段ボール箱。

 

材料は正真正銘のありあわせ。お金はかけずに手間だけかけたお洒落なバッグです。

DSCF2330

 

明日は福島県猪苗代で倉本先生の講演会があります。

完全制覇ではないけれど、宿題の研究途上を見ていただこうと持って行きます。

81歳の倉本先生が2時間もお話なさる、これからの暮らしについての講演会をしっかり

聴いてきます。

 

道の駅直売所のバーコード室の入り口の真上に建設されたツバメ住宅。

私がちょっと大声出すだけでも、やあと手を降り上げただけでも、住宅から覗ける大きな口が

パカッと開きます。幾つも大口が見えるけど何羽いるんだろう?無事に巣立ってほしいなあ。

DSCF2322

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA