フェイスブック考

訳あってフェイスブックという通信手段に参入したのは昨年の秋。

自分でやれったってできないので、黒田さんにやってもらってのFBデビューでした。スマホも持ってて使っては

いるけれど、基本的にはほぼ分からず、LINEというのは息子が来た時に「家族で設定したからこれで送ればタダ」

と言われて、そうか、と使用してますが、まあ一番馴染んでいて使い易いのはパソコンのメールということになります。

私の場合。で、これまで手紙以外だったらPCメールでと決まってたのが、LINEできたりフェイスブックメッセンジャーで

きたりで、見るとこ三っつになっちゃてなんとも気忙しい。

 

スマホひとつで全部ができるんだから「べつに面倒じゃないでしょう」と若者は言うだろうけれど、このひとつの

掌に乗る機器で全てができる、いうのがどうも不安で、PCメールはわざわざ家に帰ってパソコンで見るという暇なこと

を私はやっています。

で、フェイスブック。これは実に目まぐるしい。朝になったらドワッと新しい記事が入ってきて、どんどんどんどん過去っ

て夜になると記事が動かなくなる。良い記事とか賛同する記事とかには「いいね」にクリックすることになっているらし

いけど、未だに私は「読んだ」印にいいね、とするのか「共感」だからするのか理解不能。ただ記事の量と過ぎ去る

速さにびっくりです。

 

こうして通信手段が便利になったことがいいことか悪いことか。

長男のお嫁さんがFBにメール代わりに長男の健康診断の数値が「劇的によくなりました」なんて載せてくれると

ああ、そうなんだ。よかったよかった、とほっとします。図書館司書のお嫁さんと次男が、読んだ本をFBにあげて

くれると、そうか、じゃあ私も読もうなどと書評代わりに助かってます。

長男が若かった頃、大荷物を背負って中国に旅に出たことがあります。ひと月経っても全く連絡がなくて、多分

旅も終わりに近い頃、カシュガルからパキスタンとかネパールだとかに抜ける、とやっと1枚来た葉書を読んだ夜は

食べるものがなくなった長男が空腹で砂を食べてる夢を見ました。
今のこんな便利なスマホがあれば、息子が砂食べる夢など見なくて済むんだよねえ。

でも、あまりにも便利だからいつもなんか来てないか、なんか来てないか、と気になるんじゃないかなあ。

日中、あんまり何も気にしたくない私にとってはできることならないほうがいい機器。でも仕事もしてるし、仕事上の

情報は知っとかなきゃいけないしで、贅沢はいえません。

 

チビは今日のお昼過ぎにオトーサンのところに旅立ちました。緑萌え立つ季節、今満開の桃の花の下に

長い長い命を終えたチビを眠らせます。忙しい私はいっぱい留守にしたのにちゃんと待っててくれました。

飲まず食わずになってほぼひと月。覚悟はあったとはいうものの、今私は確実にへこんで何もしたくない。

息子や嫁さんに写真を送ってあげようと思うのだけれど、スマホじゃいくらいじくってもできませんでした。

 

気持ちが元気になったらメールで送ってあげよう。

5月の連休の最初の日。とてもよいお天気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA