鳴子温泉食楽市

6月22日

前日東京から帰ってその後お餅仕事。翌日曜日はちょっと多目のお餅仕事。

さすがに疲労気味なんですが、よっちゃん夫妻も新聞バッグ大量発送の後は、休む間もなく鳴子峡で開催

される食楽市に参加している、というので孫連れで黒田さんに運転してもらって鳴子峡へ。

紅葉の名所、鳴子峡は今は緑が美しい季節です。

場所が広いので並んだテントが小さく見える。

 

DSCF1836

だいぶ顔見知りが増えてきたお店の中に「オリガミ」の看板を見つけました。

オリガミだって。何作るんだろう。仕事を終えてやってきたあやさん、黒田さん、私の新聞バッグ組は

好奇心に駆られてオリガミテントへ。

かわいらしい箸袋でした。

DSCF1841

紙を折る、という作業をみると、なんとなく手を出したくなります。

DSCF1840着物の襟のように紙を2枚重ねにして箸袋を折ってしまったあやさんの手技に、お店の人が「あらあ、

気がつかなかった! 素敵ねえ」と感心しています。

DSCF1843

のんびりした午後。

バルーンで刀を作ってチャンバラしながら帰りました。

DSCF1845

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA