ああー、びっくりした!

日暮れ時、犬のご飯がないので10分ほど走ったところにあるスーパーマーケットに出かけました。

半ば暗くなりかけた県道を走っていると、ライトの中にのっそりと黒い影が・・・。大きいィ!

なんだ、なんだ。目の前に立っているのは牛。前に子牛が牧柵から出たのは見たことあるけど、

今いるのは子供じゃなくて大きい大人の牛。よかったー、ぶつからなくて。

胸を撫で下ろしていると、何を思ったか牛がヒズメ(?)で道路を蹴るようにして、ものすごく元気よく

道路を駆け出しました。早いんだわ、これが・・。えーッ、どうする、どうする、と唖然と見送った後、

ハッと気づいて、牛の持ち主のSさん宅に知らせに走りました。

あんまり慌てているものだから、いつも見慣れている入り口が分からない。早くしないと車とぶつかる。

灯りが灯っている居間らしいガラス戸を厚かましくも外から「すみませーん、開けます」と勝手に開けて

「牛が走って行っちゃいましたよー。あっち、あっち」と知らせ終わったら急にドキドキしてきた。

 

スーパーから帰るときの怖いこと。捕まったかなー。牛と人間の関係がよく分からないものだから

簡単に捕まるのかどうか不安でおっかなびっくり帰ってきました。でっかい牛はいなかった。

よかった。久しぶりの超びっくりでした。

 

数日前、道の駅から帰ってきた時、下の道路のうちへと入る入り口付近で、一番上に住むIさんち

の箱入り息子とおぼしき柴犬がもう一匹の白茶の犬と仲良く遊んでました。えーッ、いいのかなあ、

家、出てきちゃって。

車の窓から眺めているうちに、2匹そろって嬉しそうに県道を走って行ってしまいました。

そして夕方、出かけようとしたとき、仕事から帰ってきたIさんの奥さんとバッタリ。

「あのー、お宅の犬って赤い首輪してる?黒と茶のぶちぶち模様だよね」

「そう、芝虎。赤い首輪だよ」

「あのね、お昼ごろ、女の子の犬と仲良くどっかに走っていっちゃったよ。あっちのほう」

「ヒエーーッ! 脱走したんだ。捕まらないよ。あーどうしょう、探しにいかなくちゃ」

奥さんもすごくびっくりしてた。

 

びっくりすることいろいろある春ですが、牛は女の子探して外に出ませんよね、どうなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA