2013 世田谷ボロ市

昨日から今日、雪降りの後の低温でどこもかしこも凍りついてツルツル。

きのうは近くの町古川に行ったら、溶け残った雪が凍りついたうえに車が数珠繋ぎに渋滞していて怖かったー!

うちの近所のツルツルは、少々ハンドル取られようが滑ろうが、ガードレールにぶつかるか田んぼに落ちるか
雪の吹き溜まりに突っ込むか、まずは自爆の可能性が高いのでさほど怖くはないのですが、町中のツルツル
は怖いわ。信号待ちしている私の車の方向めがけて、左折してきたタクシーがスルスルスルーッと横滑りに
迫ってきたので青ざめました。危ういところでハンドル立て直して、直進してくれました。

今日もツルツルはひどいです。

この凍りつく寒さの中で、東京世田谷では昨日から世田谷ボロ市で東京で東北を応援してくださっている      「チームワンネス」さんが私たちの産品を販売して奮闘してくださっています。本当に感謝の言葉もありません。

 

第1日目の15日は前日からの大雪がカチンコチンに凍りついて、荷物の搬入に苦労なさったとのこと。
荷物の搬入も大変なら販売ブースの設営もご苦労なさっただろうと思います。

お客様はやっぱり12月のボロ市に較べるなら5、60%だったとのこと。それでもあの天候で5、60%というのは
東北という土地柄からみると奇跡のような人出です。集まった品数700点以上、売り上げ額は10万円以上という
のですから、やっぱり私たちから見ると驚異的数字です。

出品されている品々は、私たち海の手山の手商品もあればNPOみらい南三陸のわかめ、歌手のうーみさんのCD
や気仙沼仮設住宅のふっころ人形に、その他その他で生産した場所は違っても、私たちはみんな知り合いで繋がった人たちの商品です。どれが売れてもよかったなあと思います。

やっぱり東京は違うんだねえ。お祭りに出て来る人の数が違う、と羨ましいです。

 

較べて私たちの道の駅は、今、最もお客様が少ない時期。どうしたら東北にお客様に来ていただけるかがこれからの課題です。ガソリン代はじわじわ高くなりそうだし、高速代は全然安くならないのだもの。

 

チームワンネスの皆さま、NPO本田美奈子基金の皆さま。                                 430年以上も続く、東京都の無形民俗文化財にも指定されている伝統あるボロ市での東北物産品の販売、
ほんとうにありがとうございました。

今年も出品させて頂くことを願って、良い商品作りに励みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA