詣でる

例年、正月2日は部落の新年会。

部落の家族代表16人が集会所に集い、お雑煮を食べながら新年を祝って、各集会所を
廻ってくる部落から出た市会議員、県会議員の行く年新しい年の話を聴くという行事で
夫が亡くなって私が出るようになって4回目。

世帯数がめっきり減ったとはいえ、男性陣の平均年齢が若返っていること、熊本に帰省中の
黒田さんも入れれば女性が6人もいるのに心強くなりました。

 

3日は初詣。
岩手の中尊寺に行くと決めていたのだけれど、朝から大雪。
朝、道の駅に出動する時には5センチほどの積雪が、わずか2時間ほどで20cmを超える
くらいに本気ムードで降りまくり、帰宅途中は完全にホワイトアウト。国道の車も
ライトをつけて数珠繋ぎ。

これはもう初詣はなし。
という心積もりになった昼近く、突然太陽が・・・。
どうなってるんですかねえ。
除雪車が来ない前の我が家の進入路。


迎えに来てくれた野田君の車でオサム君と一緒に一路岩手県一関へ。

 

毎回岩手に来る度に思うのだけれど、一番雪が多いのは鳴子辺り、次我が家近辺で
北方岩手に向かうほどに雪がなくなっていくのが不思議。
今回も同様で、やっぱり一関市街に積雪はない。

目指す中尊寺はロケーションが山。踏み固められた坂道の参道が滑ることを考慮して
ちょっと手前の毛越寺に初詣先を変更。
昨年の正月に詣でた時には全く雪がなかった園庭は、さすがに白く雪に覆われて
清浄な美しさを見せてくれていました。

まずは身を清め、頭から線香の煙を浴びて、毛越寺の社殿に初詣。
一家の安全祈願、商売祈願、健康祈願に、野田さんがお勉強を教えている受験生、
Uちゃんの合格祈願。
みんなで祈願してお札まで買ったから、Uちゃんはきっと希望の学校に入れます。

詣でた後は、奥州藤原氏の栄華を偲びながら浄土庭園を一回り。

一関に戻り、いつもお世話になっているパーシモンのマスター、土屋氏のお宅に
初めてうかがいます。

ここにはもうひとつのパーシモンが・・・・。
楽曲喫茶と名づけたパーシモンのオーディオ装置だけでもびっくりするほど凄い
のに自宅にも同じくらい大掛かりなオーディオ機器が置かれていてさらにびっくり!

このスピーカーでジャズを聴きながらお節料理を食べるという初めての経験をしました。

 

初詣も終って明日からまた仕事初め。

新聞バッグの活動が静かに続くという形になってきたので、今年からまた新しい
商品作りに挑戦します。

今年1年、ただただ健康を祈るのみ。
体に合わせて山に登り、仕事をして、仲間とともに楽しい時間を過ごしたいと
思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA