紅葉シーズン

        ここ1週間ほどで栗駒山の紅葉も下界まで降りてきて、鬼首、中山平、鳴

       子峡などの紅葉の名所もいよいよ見頃のようです。  道の駅も紅葉見物の

       お客様で連日にぎわっています。

       それにしても暖かい。さきほどたまには外ご飯をと10キロほど離れた隣町

       のファミリーレストランまで山道を走って出かけたのですが、 この東北で10

       月下旬の夜なのに20度。暖かいからか外は20メーター先も見えないくらいに

       真っ白い靄が立ち込め、ヘッドライトの先に子狐の姿が浮かび上がりました。

       轢かれなきゃいいけど、と思っていたら、今度は丸まったグレーの生き物が、

       尻尾を引きずるような歩き方で右の田んぼから左の藪へとヒョコヒョコと横

       切ります。ウサギ? 狸の子供? のような感じでした。

       人は歩いてないから人を轢く心配はなく、車とぶつかる心配もないけれど、夜

       の運転は動物を轢かないようにととても神経を使います。

        つい2、3日前までたくさん見えていた山栗が落ちつくしたのかどの木にも

       見えなくなりました。越してきた年に植えて10年たって今年初めて実をつけた

       姫クルミ。「やっとなった!」と喜んでいたら、全部リスに持っていかれて

       全く採れませんでした。このように山里の暮らしは動物たちと共にあります。

        いるんです! 熊も。

       今年は山の実りが豊かなようで、熊出没が大変少ない。こういう年は本当に

       ホッとします。人が怪我することもないし、熊が殺されることもないから。

       でも私は夕方の畑でガサガサッと音がすると緊張して逃げ腰になります。

       昨年は気合を入れて作ったトウモロコシを3回に渡って全部熊の親子に食べ

       られました。1本も採れなくて、熊の食べ残しのトウモロコシを拾って食べま    

       した。悔しいので今年は作らなかったけれど、でもやっぱり秋になって冬眠

       の前に食べ物がないのはかわいそうで、木の実が豊作の年にはたくさん

       採って保管して置いて、 不作の年には山に撒いてこようかしら、などと

       思ったりします。

       今日は私の身の周りの動物の話ばかりでした。

       明日はパナソニックさんのイベントの最終日です。海の手山の手ネットワーク

       は仙台、石巻、多賀城と3週に渡って週末には出店させていただきました。

       パナソニックさんのご支援のお気持ちに感謝いたします。

       ありがとうございました。

   

       

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA