バッハオケ演奏会・ウォーキング

連日の猛暑の中、今日は朝から曇り空で少しだけ過ごし易い。

盛りだくさんのやらなきゃならないことが終ったからか、老人ボケしかけているのか
道の駅から家まで戻って、玄関前で停める直前、え?と思ったらガガガと音がして
車は左の斜面から落ちかけ寸前。
「え?」と思ったから停まったようなものの、思わなかったらそのまま進んで横転したかも。
えーー、なんで、なんで前進して斜面を落ちかけるの?

自分でなんとかしようと前進してみたり、バックしてみたり、2、3度やって深間に入りそう
で断念。集落の車屋さんに電話して来てもらうことにしました。

道路の修理をしていた上のログハウスのNさんも花のおじさんも来て、ああだの、こうだの
言ってくれるけれど、つまりはなんともできない車横転前引っかかり事件。

こんな時、後ろに行ったらいけないんですって。後輪が真っ直ぐだから行きそうになるんだけど
後輪のほうに進んだら前が落ちるんですって。落ちたら2転3転するのですって。こわ!
という訳でついに車屋さんに前に引っ張ってもらって正常位置に。
救急車に乗らずに済みました。

こんな事件勃発で間に合うかと心配だったけれど、予定どおり午後からは、黒田さんと一緒に
バッハホール管弦楽団第4回定期演奏会を聴きに隣り町のバッハホールへ。

今日の演奏はベートーヴェンの「運命」だと聴いて楽しみにしていたのだけれど、なんと午前の
部は思いもかけないドヴォルザークの「チェロ協奏曲」。
チェリスト三宅進氏のソロのチェロの凄いこと! いや、ほんと感動しました。

バッハホールを出る頃には雨。
農作物には待望の雨。数日前からウォーキングを始めた私にはなるべくなら止んでほしい雨。
なのですが、雨は止まず、ウォーキングは止めたくなく、止む無くずぶぬれでウォーキング開始。
一緒に歩くのはパーシモンのチヨさん。
高齢者ウォーキングだけど、1時間は歩きます。

晴れた日の河川公園。

河川公園を歩いて、城山に登って、足慣らしをしてあと10日したら山形県の鳥海山に
行きます。
楽しみだ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA