ゴールデン弁当第2弾・ノアさんと食事会

朝のできごと。
道の駅に行く途中、国道を避けて山道を廻って行く道路で、明るい日差しの中、
ベタッと路上に横たわっている子狐2匹発見。
「死んでるのか」と思ったら、車が近づいた途端にピヨコンと起き上がって、藪に入っていきました。
わかりにくいなあ。

先に進むと、藪からトトトトッと歩いて出て来る雉のお母さん発見。ん?と思って車を停めたら、
5羽くらい一塊になった雛雉が母雉を追って道を横切りました。なんか怪しいと様子を見てたら
また5羽くらい一塊出てきて、中の1羽がとんでもない方向へ走って行っちゃったんだけど、大丈夫かね?

7月7日、七夕の日は仙台リビング企画佐藤農場梅狩りツアーご一行様にゴールデン弁当を出す日。
幻のゴールデン食堂で作るお弁当、春に続いて第2弾です。

朝9時、前回と同様タキイさん宅加工場に集合。

ゴールデン始って以来、山菜、野菜料理でプロ級の腕を発揮するクリちゃんのわらび煮。
由美さん、ミハルさんの海草料理、よっちゃん農場特製シューマイは玉葱、ズッキーニ入り、よっちゃん
農場製スペアリブ、カヨちゃんの肉巻き、クリちゃん、タキイさんのおこわに、ツネコさんのさくらんぼ、
ブルーベリー入り寒天。
スイーツは暑いので私のお餅はやめて、休日蕎麦屋ハガさんの凍らせた芋ようかん、汁ものは
七夕に入籍のコイズミ君の干しえび入り味噌玉を沸かした温泉水で溶きました。そして今回は岩出山の
卵やにも参加してもらって、鳴子で作った温泉卵に、中山平の温泉冷水。
そしていつもどおり、生産者と料理を繋ぐよっちゃんのイラスト上紙が圧巻です。
このイラストがなかったら、ゴールデン弁当ずいぶんつまらなくなってしまうのだけれど、よっちゃんは
忙しい中、必ず描いてくれるのです。

今回お弁当を食べる場所は、昨年3月、富良野GROUP「屋根」公演の時に、俳優さんたちの昼食
の提供を最後に閉店した、岩出山の古民家「凛彩上の家」。

中に入るのは1年ぶりです。
こんな立派な古民家を閉めたままでは勿体ないと常々思っているのですが、今回はゴールデン食堂
のために、役場から使用が許可されました。
埃をはらってふきあげたお膳を並べてみると、やっぱり本当に趣のある重厚なお座敷です。

役場から出てきて、お客様に「上の家」の歴史を説明してくれる安藤課長。

ほんとうにこの建物、お庭も保存されている古民具もトイレまで素晴らしいです。
畳み敷きの女子トイレというのは、ここくらいでしょう。

どれもこれも「本当においしい!」とお褒めの言葉をもらって、ゴールデン食堂、3時に終了。

家に帰って、高知大学で使うワークショップ道具を段ボール箱に詰めて発送。
家に帰って今夜の仕事用の米をとぎ、黒田さんちにノアさんを迎えに寄って、ノアさんとの食事会
会場の焼肉店へ。

東鳴子温泉の小さな焼肉店、来るのは今日が初めてです。
煙もうもうだけれど、肉も野菜もおいしく、ノアさん持参のイスラエル製ワインも持ち込みを許して
もらってかんぱーい!
腹いっぱい食べて笑って呑んで、9時半解散。
帰宅して明日のためのお餅つきを終え、超ハードな1日が終了。

明日は何もしない、誰にも会わない、フリーの日にします。
疲れた!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA