サバちゃん・ノアさん来日

2週間ほど前から我が家に現われた子猫ちゃん。

最初は逃げまわってご飯も食べなかったけれど、少しづつ少しづつ近づいてきて、子猫用
キャッツフーズも食べるようになり、前住猫のシロに疎ましがられながらも、落ち着いて
来ました。オスかメスかも分からず、名前も適当に「サバ」と読んでますが、器量よしなの!

イスラエルからノアさんがやってきました。
ポーランド航空で、テルアビブからワルシャワ、7時間待って乗り継ぎ日本まで10時間。
やっぱり聞くだに遠いイスラエルは、砂漠の中にある国だそうです。

ノアさんが初めて岩出山に来たのは3年前。栄養士の資格をとるために日本に戻って入学
した東京の食糧学院から夏のインターンとしてよっっちゃん農場に来たのが最初。
たまたま新聞バッグの講習日と重なったことから新聞バッグを覚え、海山の新聞バッグを作る
考えに共鳴して、イスラエルや世界に新聞バッグを発信しようと、インストラクターの資格を
取得するために、わざわざ岩出山にやってきてくれました。

イスラエルに戻ってからのお仕事はイスラエルオリンピック委員会のコーディネーターと
スポーツインストラクターで、選手の栄養指導などをするそうです。

まず到着を知らせようと、イスラエルにはないという梅農場へ。

急ぎ畑からトラクターを走らせて戻ってくれた梅農場社長の宗一さんの話によると、今年の梅
は、実なりも少ないし、色付きも遅く、作業のタイミングが例年とずれて困るんだとか。

50年の梅。白加賀、最も普通の梅干用の梅。

 

次は、ノアさんにとってはとても懐かしいよっちゃん農場へ。
あいにくよっちゃん夫妻は出かけた後で不在でしたが、よっちゃんのお父さんと、日本&イスラエルの
政治、宗教、文化について四方山話。
実に面白くて時間を忘れます。ユダヤ教とイスラム教とキリスト教のみっつの宗教が存在する
イスラエル。
ノアさんによると、ほんとうに日本の国と日本人は素晴らしいのだそうですが、ノアさんの思いを
裏切らないようにそうありたいものです。

 

朝から動き続けのノアさんには悪いのですが、急ぎの新聞バッグの注文を確定させるために
夕方から上條さんも呼んで、パーシモンで新聞バッグミーティング。
作るのはラベンダー用の新聞バッグ。作るのは先日講習を受けてくださった新人の方々。
作る形と分担を決め、明日は山形探索のスケジュールもついでに決めて、やっと帰宅。

夜ご飯のおかずを何品か作って持ってきてくれた由美さんも加わって、黒田さんちの茶の間
でノアさん持参のイスラエルのワインでかんぱーい!!

今日からほぼ10日間、新聞バッグを覚えたり、練習したり、講習を手伝ったり、ご飯を作ったり、
ノアさん大忙しになると思いますが、是非たくさんのことを経験して、たくさんの東北の人と
お友達になってイスラエルに戻ってほしいと思います。

ノアさん、海山女子部、由美さん、今日はお疲れさまでした!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA