音楽のまちで

たまたまのことから、この4月に隣りの加美町にオープンする国立音楽院、宮城キャンパスに行って来ました。

今年初めての開校なので、最初に入学してくるのは高校生10数人と聞きました。加美町は「田んぼの中の音楽堂」として全国に知られているバッハホールがある町で、バッハホールを中心にして、年に何回かの定期演奏会その他さまざまな音楽活動が行われ、音楽がある町作りを提唱し、着実に歩みを進めています。車で走れば30分もかからない田んぼの中の小さなありふれた町だけれども、音楽堂他図書館などの文教施設はしっかりと充実していて、伊達政宗の城下町として学問所やお城跡などの歴史遺産は誇るけれども、本だの音楽だのの文化施設は貧しい私たちの町とは性質が違う町です。

今は廃校になった小学校を利用して開校される国立音楽院は、町の中心部からだいぶ離れたのどかな田園の中にありました。緑豊かな実に美しいロケーション。人家は遠く、ここではどんな楽器をどれだけ鳴らしても、その音を聴けるのは森の動物たちくらい?というような音楽の学校には絶好の環境。学校の入り口には元の学校の名と、校歌が刻まれていました。

加美町立上多田川小学校。

最終の生徒数は12名だった、と聞きました。最初に学校が建てられた時にはもっとたくさんの子供たちがいたのでしょうに、最終的には12名になって学校が閉ざされる。人が少なくなるということは、こんなことになるのかと自分の集落の人口減を顧みて末恐ろしさを感じます。多田川小学校は昔ながらの小学校ではなく、木造バリアフリー、オープン教室の新しい学校です。こんなに新しい機能性の高い新しい学校に建て替えて、どうして廃校にならなくてはならないのか。

私たちの町も来年は合併で4つの小学校が一斉に廃校になるという現実の前に、希望溢れる校歌の文字を辿ると、何故こんなことになっていくのかというやり場のない思いがこみ上げます。

広々とした運動場に立派な更衣室が備えられたプール。寂しかった運動場やプールも今年からは、音楽院の生徒さんや町の音楽イベントなどで賑わうでしょう。

国立音楽院宮城キャンパスはオープンキャンパス最終日ということで、東京から来られた副学長さん、若い女子スタッフさんにキャンパス内を案内していただきました。小学校に手を加えず、そのまま利用した学校内部。実に清潔で驚くほどきれい。

ギター製作科の教室。同じようにバイオリン製作科の教室もあります。この他にも弦楽器リペア、管楽器リペア、ピアノ調律、音楽療法科、大震災被災楽器の修理などなど学ぶ課目は盛りだくさんで、準備されているピアノや防音室その他楽器や録音機器やコンピューターに至るまで新品ばかり。この音楽院で学ぶ生徒の宿舎や卒業してからの音楽関係の仕事へのサポート、全ては町の運営によるもので、ここに投入される予算はどれほどのものかと天を仰ぐ気持ちになりました。

最初の高校1年生はこの地の人だけではなく、全国各地から。遠く岐阜からくる生徒もいるのだそうで学院で教える先生方も含めると、これまでにない人の増加も望めるというもの。またこの音楽院のカリキュラムには農業体験が含まれています。

加美町は音楽と農業を融合した暮らしを作ることをテーマに音楽の町作りをします、という町長の言葉のとおり、加美町には全ての子供がバイオリンを習えるという場が置かれています。

うちの孫もいつかは・・・・。

今はピアノで四苦八苦。ピアノをちゃんと弾けるようになりなさい、と先生から言われそうだけれども。

今日のキャンパス訪問には自分でも思わないほどの衝撃を受けました。税金は見えるかたちで使われるほうがいい。温かくなって辺りが緑色に変わる頃、また来てみたいと思います。その頃にはいろいろな音を聴くことができるのかもしれない。 楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA