新聞バッグ入りよっちゃんなんばん

鳴子温泉に新しくできたホテル吉祥さん。

オープンして以来一度も行ったことないので、一度行きたいなあと思ってました。

昨日、よっちゃん農場からの情報で、新聞バッグ入りのよっちゃん農場製品をホテル売店で販売する、

それも今日からというので、これは行かねば。

見たい、ついでにホテルの中も見たい。けれども1人で行くのは腰が引けるので、たまご屋さんの仕事を終えた

上條さんと一緒に行くべ、と早めに道の駅を出てたまご屋さんで待機。

そしたら何を思ったのか、オーナーのたけしさんが総支配人に会ったほうがよい、とあっと言う間に電話で

アポまでとってしまい、押し出されるように上條さんと一緒にホテル吉祥に参上。

 

見るだけでいいのに、総支配人さんに会って何話す?

ああだこうだ思ってる間に上條さん運転の車はホテルに到着し、見たい売店まで行ったら、なんとよっちゃんが

商品の陳列をしてました。

総支配人さんは「中古ですからまだまだ整備途中で」と謙遜なさるけれど、売店もロビーもすっきりと洗練されて

上品な雰囲気。大きな窓の外は雪を被った鳴子の山が見渡せます。

 

広々とした新しい売店の棚に新聞バッグに入ったよっちゃん農場製品が並びました。

よっちゃんが作った三角のポップがユニークでいい感じ。1面はよっちゃん農場風景。真っ青な空、足元には黄金色

の稲、よっちゃん、みっちゃんの笑顔。「風景が見える農業を目指す」(言葉は違う)という趣旨のキャッチコピー。

これは、一度よっちゃん農場に行ってみたくなるようないい写真です。

もう一面には農業を志して以来、こつこつ増やしてきたよっちゃん農場の製品の説明。

そしてもう一面に、海の手山の手ネットワークの活動内容がどーん。これはちょっと予想外でうろたえました。

 

ホテル吉祥さんで許していただき、よっちゃん製品に乗っかって、お客様に新聞バッグを知ってもらえれば嬉しいです。

総支配人さんにあれこれ訊きました。

お部屋は?お風呂は?お食事は?

お布団は敷いて欲しい方のみ敷くようにして、なるべくお客様のプライバシーを守るようにしていること。

夜のお食事は、その日のメニュー+バイキング。 朝のお食事はフルバイキング。

お風呂は?これは9泉種ある鳴子温泉のこと。いろいろあるようで楽しそう!

 

小雪がちらちら舞う中、途中で温泉に寄って帰宅。

明日は東京。明後日は京都経由で大津。

今夜は新聞バッグ作りの練習に励みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA