新しい展開の時

      お彼岸が終わった。菊、菊、菊で忙殺されたが、とりあえずは終わり、後にはたく

      さんの菊が残った。これをどうしよう。ということで、菊と千日紅と野ケイトウなど

      混ぜてブーケを作って、たくさんある新聞バッグ用英字新聞にくるんで道の駅で

      販売してます。

      先週帰ってからまた1週間で、仮設住宅への支援金や同業者への仕事道具等

      を持って福岡から来てくれたD社長は、3日の滞在の予定を終え、福岡へ帰られ

      た。D社長は今回は気仙沼に宿をとったことから、気仙沼を隅々見て、陸前高田

      を視察して、その都度私に電話をくれ、「みんなどこに行ったんだろう」「復興って

      できるのかしら」などと見たことの報告の間に呟かれるので、聞いている私は

      だんだん落ち込んだ。

      D社長と話していて明確に見えてきたこと。

      それはこれからは被災者の方々も私も一緒に(私も内陸被災者)新しい展開

      を始めなくてはならないということです。

      詳しくはおいおい説明してゆきます。福岡のみんな。応援してね。

      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA