仕事

       今朝のテレビで75歳でロッククライミングに挑戦している女性を見た。60歳から

       始めた山登り。そして岩に挑戦し始めてから6年だとか7年だとか。

       40歳代後半から山に登り始め50代の終わりで「山はもう終わり」と断念した私

       から見ると、彼女の挑戦がどれほど凄いことか、どれほど肉体の老化に逆らう

       ことかよくわかる。肉体もきついが、どこかで落ちたり迷ったりして家族や世間の

       方々にご迷惑をかけてはいけないと、近所の低い山には今でも登りたいと思う

       が、かつて歩いた山々の稜線の雪やお花畑の花々を思い出すと、涙が出るほ

       どなつかしい。

       

       D社長が帰られてから、毎日毎日みんなで事業をするとはどんなことなのだろう

       と考えている。いずれ海に帰る人と山に住む私とが一緒になって。

       もう歳だ歳だとある意味投げやりになっていた私にD社長は、年齢に何の

       関係がある。今やるべきことをやりなさい、とカツを入れてくれた。少なくとも

       前より必死で考えようとしているだけでもマシになっています。

   

       これからの仕事は、特に被災地の仕事は、若い人はどこへでも行けるけど

       どこにも行けない高齢者の仕事は、ハローワークに行って雇われる仕事を

       探すだけでは済まない気がする。

       作って売り、採って売り、拾って売り、各々が自分で自分の仕事を作り出す、

       そういうこともアリではないのと、ぼんやりとですが考えています。

       

       、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA