ホストファミリー第2弾

今日はラオスからのお客様を迎える日。

私はお餅仕事の後は、新聞バッグを受け取りに鳴子温泉のたまごやさんへ。

その間に娘が、今日から2泊3日でホームステイするラオスの女子大生、ミューちゃんとサイちゃんの

ためにお買い物に行ってくれました。

食べ物のほかにどんなお買い物をするのかなあ、と思っていたら、戻ってきて二人のラオガールズの

ために整えてくれたお部屋のかわいいこと、素敵なこと!普段はそっけない2階の部屋が、お花もベッドカバーも

クッションも灯りも全部いかにも女の子が喜びそうなお部屋になってました。

私はそういうのはほんとにようせんので、実にありがたいです。

 

夕刻間近の雨がパラつく中、吉野記念館へラオガールズのお迎えに。

今回は前回に較べて半分の人数。ラオスの大学生20人ほどを8軒のホストファミリー宅で預かるという

ことになっているようです。

いろんな注意事項などのお話があって、いざ対面式に。

うちに来てくれるのは、ビエンチャンの大学に通う法律を勉強中の女子大生。

22歳のミューちゃんと20歳のサイちゃん。男のほうがだいぶ多いけれど、男の子も女の子も顔が合えば

にっこり微笑んでお辞儀をしてくれます。なんだかとても柔らかい。

言葉はゆっくりとしたテンポで聞こえ、アメリカなどとはほんとに全く違う素朴なやさしい雰囲気です。

ホストファミリー、これで2度目だけれど、感激してきた。国が違えばこんなに違うのかと。

サイちゃんもミューちゃんも他の女の子も黒い髪を三つ編みにしてまとめたヘアスタイルで、みんな同じ

深い青色の絹のような光沢のある裾周りに銀色の刺繍がある長めのスカートを履いてます。

触ってみたいような美しさ。触らせてもらったけどね。

テレビの旅番組で見ることがあるオレンジ色の袈裟姿の学生さんもいます。これもまた触ってみたい

ような美しい袈裟だけど、女の人はお世話をできないので男の方のホストファミリーが担当されるとか。

 

どんな食事を用意したらいいのか、と心配したけれど、

担当官からの「何が食べたいですかー? お寿司ですかー?」の質問に

はいはいはいと全員手を上げるような反応。

「ラーメン食べたいですかー?」

はいはいはい。

「温泉入りたいですかー?」

しーん。

 

帰宅して食事を終えると、流し台の前で押しくらまんじゅうのように二人にお手伝いしてもらって夜が更けて

ゆきます。明日は天気になりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA