なんとなく、みんな春です

春が来ました。ちょっと湿っぽいけど、あったかーい一日でした。
あんまり寒かったから、調子が狂ってしまった種まき。お盆の切り花も減らそうかしら、などと思ったり
してましたが、やっぱり温かくなると、気持ちが前に向いて、月曜日から始めることにしました。
アスター、ナスタチューム、マリーゴールド、ちょっと遅いのですが種がもったいないからペチュニアも。
それから山のようにいっぱいあるクリスマスローズもお店に持って行って売らなければねえ・・・・。

ということで、まあ、比較的外仕事に時間をとられないウインターシーズンはいよいよ終わります。

でも絶対冬バージョンから離れられないおばあさんがここに一匹。この反射式ストーブが大好き。
我が家の愛犬チビ。国道47号線の交通事故で片目になっているところを連れてきたので、年齢不詳。
相当歳みたい。目は見えず耳は聞こえずチビの世界で好きーに生きてます。羨ましい存在。

朝、南三陸は戸倉の仮設住宅在住のNPO代表SUさんから、今販売しているわかめを値上げします、との電話。
今年のわかめは収穫量が少なく値が高いのと、市場の価格との釣り合いという問題もあって、その処理を今
やってます、という電話だったけど、海山ネットもSUさんも変わりないのは、こういう復興に関わる仕事をする人間の
数の少なさです。若布をやる以外はこうして自宅の電話の前に座って一日対応に追われてるのよー、という
SUさんの言葉に、私もよー、と即刻共感です。

夕方南三陸は歌津の菊のお師匠さんである小野寺氏より電話。
今日は温かいので一日、今年のお盆用菊を植え付ける畑作りをしていたそうです。私も小野寺さんに遅れない
ように畑の準備をしなければ。小野寺さんに世話してもらった同じ菊を植えて、小野寺さんのが3Lで私のがM
だったら(花の大きさです)恥ずかしいし、師匠としてもがっかりされるでしょうから。

そして夜には、南三陸タカちゃんご夫妻が、採れたての海の幸、わかめやメカブ、フノリなどどっさり持ってきて
くれました。だんなさんのショウエイさん曰く、「普通は使わない部分を利用して海産物の何かを作ろう。何年
かかるかわからないけど、金持ちになろうよねえ」との心強い言葉。加えてタカちゃんの「金持ちになるためには、
自分で働くのが一番いいよ」
はい、そのとおりです。がんばります。お金持ちになるまでに私、生きてればいいけど・・・。

至る所から水仙の芽がいっぱい出てきてます。水仙というのはなんでこんなにどこからでも出てくるの?というくらい
ほんと水仙だらけなんですよ。この辺り。
水仙が咲くのは去年も同じですが、みんな去年とは違います。元気になって春を迎えてますよ。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA