再び南三陸町へ

              三日間の東北被災地視察を終えられた福岡県の建設会社サン電工舎の重役

       方が帰福された二日後、今度は社長が来られた。1週間の予定であり、今日は

       その3日目。前回の視察で撮ったビデオ写真を見て、南三陸町に行きたいとの

       ことなので、ご案内した。A仮設住宅。小野寺さんが入居している。

       前回同様自治会長さんと、その奥様も同席してくださった。

       福岡という遠方からの支援で何ができるか、を話し合う。

       南三陸の仮設住宅は50数か所に分かれているようだけれど、建てた建設会

       社によって、仕様が全く違う。窓が掃出し引き戸だったり、上だけの窓だったり、

       扉も引き戸だったりドアだったりで、使い勝手が仮設ごとに違う。

       A仮設の場合は建物そのものが箱型で雨が降れば窓からも玄関口からも

       雨が降りこんでくるのでその対策、雨樋がないのでその対策など、この先

       連絡をとりあって会社の方で材料など支援していただけることになった。その他

       衣類、生活用品、なんでも困ったことがあったら連絡できるようになった。

       ほんとに有難いこと。

       ここでは男の人たちの仕事であるガレキ処理が9月下旬で終わる、その先の

       仕事をどうするか、など密度の濃い話し合いだった。

       明日は石巻渡波地区を訪問し、つい先日閉鎖になって避難所の役目を終えた

       お寺のお住職を訪問する。

       良いお話合いが進むことを願いつつ、明日は石巻に行きます。

       またご報告します。

      

       

       

    

       

       

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA