キャンベル先生と「読もう」第5回目から

       全10回の予定で鳴子温泉に滞在している被災者支援のために、東京大学

       教授のロバート・キャンベル先生が始められたホットスプリング読書倶楽部

       「読もう」が5回を最後に中止になった。先生がご病気になられたからだ。

       5回目は千葉県市川市での販売会に参加していたため、参加できず、お会い

       できなかったのが、ほんとに残念だった。

       日本での滞在25年ほどとお聞きしたような気がするが、先生は今の若い人

       たちだったら聞いたことも使ったこともないような古い美しい日本の言葉を

       日常の会話の中で話されるので、私はいつも驚き感心していた。

       そしてまたとても気遣いが細やかな方で、最初のうちの少人数の時も、参加

       人数がだんだん増えて長く連ねた座卓の周りに参加者が座りきれなくなった

       時も、変わらず全員に「たまごや」さんというところのケーキをご馳走してくだ

       さっていた。

       4回目の時、39度もの高熱があるのに東京から鳴子にみえたと聞いて、驚き

       正直先生の責任感の強さに呆れてしまったのだが、どう考えても一日3回の

       プログラムをこなして、その日のうちに東京に戻られるのはあまりにもハード

       スクジュールではないか、と思ったものだ。熱があるのに、翌日は参加者と一

       緒に「歩こう」という行事があり、それが終わってから中学校で子供たちに、ご

       自分が生きてきた道と経験のお話をされ、熱でうるんだ目のまま3時からの

       「読もう」を通常どおり終わってから東京に帰られたと聞いた。

       先生はテレビなどでご活躍だと人に聞いたが、私は鳴子温泉「読もう」講座

       のキャンベル先生しか知らない。

       短い期間だったけど、先生の真摯なお人柄に触れることができた貴重な

       時間だった。

       少し長引くご病気とのこと。ゆっくりとご病気を治されて、また鳴子温泉で

       お目にかかれることを楽しみに待ちたい。ありがとうごさいました。キャン

       ベル先生。

 

      

       

       

キャンベル先生と「読もう」第5回目から” への2件のコメント

  1. 曽木さん、でいらっしゃいますね?今朝知人から「日誌」のことを聞き、開いてみました。文章を読んで、涙がこぼれました。病気とは言え鳴子の読書会を中止させないといけなかったことは僕にとってとても悲しいことでした。ごめんなさいね。まだ入院中で、後二週間ほどで一応退院できそうです。元気になりますから、どうぞご安心ください。
    僕こそ、みんなと知り合い、厳しい状況の中でも笑ったり感動したりできたことは何より嬉しかったです。キラキラしたトルコ石のような、温かい記憶です。
    小野寺さんのことを読みながら安心もし、将来のことが心配にもなりました。曽木さんのことをはじめ、みなさんの健康を祈っています。よかったらよろしくお伝えください!
    ロバート・キャンベル

  2. 先生、お元気になられましたか。少し長くかかりそうと、うかがいましたので心配しておりました。
    私は4回目で欠席したので、ご本をいただいていません。何の本なのかなあ、と知るのが楽しみでした。
    本のお話ではなくてもいいので、快くなられましたら、鳴子温泉に湯治にいらしてください。きのう、大沼
    さんと先生のお話をしていました。コメントいただいてとても嬉しいです。お元気になられたのがわかりましたので。みんなにも報告しておきます。どうぞお大切になさってください。退院後はなかなかしんどいので
    ご無理をなさらないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA