別れ

              鳴子温泉S旅館に避難滞在中のさおちゃん、けいこさん、しんこさんとお別れに

      行きました。丁度夕食時で、けいこさん、しんこさん2家族の全員が揃ってのお食

      事が始まりました。おばあさん、お父さんが2人、お母さんが2人、全員がひと家

      族のようにお世話をし合って和やかです。これまで核家族で生きてきた私には、

      縁がなかった多人数の和気藹々とした家族の風景でした。津波の前までこうし

      て毎日みんなでわかめのお仕事をして来られたのでしょう。心の中にはたくさん

      の不安があると思いますが、みんなとても元気で朗らかです。

      さおちゃん、けいこさん、しんこさんとは、海の手山の手ネットワークを立ち上げ

      て最初に催した梅農場での梅見の会で初めて会いました。津波被災からまだ日

      が浅い時期だったので、どのように接したらいいのか、腫れ物に触るような気持

      ちだったことを思い出します。

      梅の実がなる頃からみんな梅農場でお仕事をし始めました。だんだん暑くなって

      きて、7月から8月にかけての日照り続きの時には、日焼けして汗をだらだら流

      しながら梅の実採りに励んでました。梅が終わったら新聞バッグ。3人とも四万

      十系新聞バッグのインストラクターです。梅の実が終わってからの短い時間に大

      中、小の新聞バッグを各自たくさん作ってくれてました。

      明日からは南三陸の仮設住宅で作ってくれます。「おんなの人がたはいいなあ。

      その仕事があって」仮設ではガレキの仕事に行くお父さんがそう言うと、「だから

      あなたも作ればいい」とお母さんにハッパをかけられてました。

      南三陸には車以外に交通手段がないので、これからは私たちが南三陸まで

      新聞バッグを届けに行きます。ご用ききもして、食料も届けます。さおちゃんが

      花嫁さんになってお母さんになるくらいまで、長ーいお付き合いをしたいと思いま

      す。

      

 

     

      

           

      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA