英字新聞をお譲りください

              さっき英字の新聞バッグをumiyamanet代表よっちゃんに渡したら、もうブログ

      に立派な写真が載っていてびっくり。そうなのです。来月英字の新聞バッグがど

      っさり必要なので、お持ちの方、是非お譲りください。折るのは南三陸歌津の新

      聞バッグつくりのエース、さおちゃんとお母さんです、そして避難所の仲間です。

      南相馬の人、女川の仮設に入った方も作ってくれています。

      さおちゃん一家と仲間の方は明後日の19日(8月19日に全部の避難所が閉鎖

      されるということです)に4ヶ月余り過ごした鳴子温泉S旅館を離れて、南三陸町

      歌津の仮設住宅に入ります。さおちゃん一家は大人ばかりの6人家族ですが、

      4畳半の2DKがふたつという生活空間になるので、行ってみたけど「狭かった

      た!」とさおちゃんは苦笑していました。抽選に外れた人のために建てられたた

      った9世帯の仮設住宅だそうです。飲み水はまだ出ません。

      南三陸町歌津には先日私も初めて行ってきましたが、まだ復旧は始まっていな

      いというか、どこを見てもどこに復興の兆しがあるのというくらい、たぶん震災後

      からほとんど何も変わっていないんだろう、というような情景でした。仮設店舗

      のコンビニ以外まったくお店がない。電車は復旧の見込みが立たず、バスが

      あるはずもなく、車以外の交通手段がないなかで、さおちゃんやこれまで親しん

      だ被災者の方々がこれからどうやって暮らしていかれるのだろう、と心配です。

      さおちゃんは仮設住宅に入ってもこれまでどおり、新聞バッグを作り、イベント

      にもumiyamanetメンバーとして参加してくれる、ということですが、どうやって

      さおりちゃんを石巻とか仙台とかに連れ出したらいいのか、これからの課題

      です。被災者の自立支援、そして使い捨ての生活をちょっと見直しましょう、

      という気持ちで新聞バッグを作っています。英字新聞をお持ちでしたら是非

      お譲りください。お願い致します。

      

      

      

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA