春らしい1日

新聞バッグとお餅仕事と道の駅その他の会議が続いて、流石にちょっと疲れ気味。

おまけに痩せ細ったチビがいるので、日中も夜中もなんとなく気が抜けずに過ぎていく日々ですが、今日は

今年になってほんとうに春らしい暖かい一日でした。

もう時期遅れで採り時とは言えないのだけれど、孫が「土筆」を採るというのでお付き合い。

DSCF0226

DSCF0228

福岡生まれ、福岡育ちの私は子供の頃から土筆だいすき。子供の頃に住んでいた家の前の九州大学構内の

草っ原で、できるだけ長ーい土筆を摘んで袴をとって卵とじにして食べてました。

ここ東北の人が食べる山菜の中に土筆は含まれません。あんなに美味しいものどうして食べないんだろうと

卵とじに煮付けた土筆を近所の知人に食べてもらおうとしたら、「そんなもの食べないでも食べるものはたくさんある」

と断られました。絶対に食べない。味見もしてくれない。なんでだろう。

まあ、私も東北の人たちが時期を待って「うまい!」と食べる「あいこ」だとか「しどけ」だとか草との区別がつかない

山菜は15年住んだ今でも食べたことがない。食べたい気持ちにならないので、やっぱり同じなんだねえ。

なんかあくが強い気がするのです。

 

まったく寒くないので、3本鍬を持って草とりかたがた蓬を摘もうと玄関脇の斜面に降りると、何時の間にこんなに

増えたのか、わらび林みたい。放射能値の問題で現在大崎の野生わらびは販売が規制されています。

DSCF0227

70歳を過ぎた私が食べたところで何の問題もないのだけれど、うーーん、採りたくもないので採りません。

こないだ由美さんが「しいたけがいっぱい出てる」

けど、うーーん、やっぱり食べない、と言っていたのと同じ。

 

この山間の別荘地に住んで15年。夫が亡くなり私も年を重ねて冬の雪と夏の草との闘いが辛くなってきました。

昨年頃から、山間を出て少し町場にすもうかなあ、と気持ちが動きかけています。

でもこうして春になると、とたんに山が楽しくなる。

誰が植えたか、多分私自身が植えたんだろうけれど、忘れているうちに満開に咲いた枝垂れ桃の花

きれいです!!

DSCF0229

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA