引き続き検品。

朝5時、起きてチビの様子を見に行きます。

大丈夫だった!

朝日が昇って暖かくなる頃、もう5日も飲まず食わずなのにやっぱり用足しは外に行きたいそうです。

チビを出すと、弾丸のようにシロがとんできます。チビは耳も聞こえず目も見えず、我関せずなのに、なんなんだろ。

そしてなんとなく近くでゴロゴロゴロゴロ。

DSCF0205

起きたついでに新聞バッグの検品開始。

その後お餅仕事を終わらせて道の駅へ。

道の駅では今日から新しく大きくなったチョコレートのロイズのお店がオープンしました。

正式なリニューアルオープンの日は18日、土曜日です。

 

道の駅からまっすぐ帰宅して新聞バッグ検品再開。

午後2時過ぎに仕事を終えたあやさん、その後仕事が終わった黒田さんが来てくれて、3人体制で

検品続行。

DSCF0206

DSCF0208

みんな一生懸命に作ってくれているんだけれど、それでも糊剥がれ、破れ、歪みなど見逃せない不完全品が

出てきます。

夕方からは黒田さん、道の駅出荷組合のミーティングへ。

私は美里町で行われるものづくりネットワークの2ヶ月に1度の会議へ。

9時半に戻って今度はお餅つき。いやあー、慌しいことで・・・。

 

明日は新聞バッグの本格的梱包、発送日。明日、明後日で、3年間3回に及んだ高知銀行さんのノベルティー

用新聞バッグの仕事が終わります。

忙しいより何より、企業で東北支援として新聞バッグを使っていただくという初めての試みを決断してくださった

高知銀行さんに心からの感謝をこめてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

1年に1度でいい。少量でいい。多くの企業に会社の紙袋の代わりに新聞バッグを使っていただくことができたら

なあ。それはほんとうに大きな東北への応援になる。

大震災後、4年間海の手の方たちと新聞バッグを作り続けてきた実感です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA