富良野グループ「屋根」&商品作りミーティング

昨日は3月終わりの雪の中、富良野から来年3月に上演予定の倉本聰氏の舞台「屋根」の件で富良野グループの

スタッフ、新堂さんと石川さんがみえ、この先の動きについての打ち合わせをしました。

昨秋に新聞バッグの講習で富良野を訪問した際に、富良野グループの来年のお芝居「屋根」がいかに素晴らしいか

を食事の時に聞きました。                                                                                                                         えー、そんな素晴らしいお芝居「どうやったら来てもらえるんですか?私たちのような小さな町にも来てもらえるんで

すか?」と聞いたら、思いがけず「行きますよ」というお返事。

えーっ、そうなんだ!どうやって?

そんなところから始まった岩出山上演のお話。その後富良野グループの方々、市、道の駅などのご協力を得て、

来年の3月に岩出山スコーレハウスで「屋根」上演の話が決まりました。ここまでは他力本願で話が進んできま

したが、これからがチケット販売などの勝負どころ。がんばって切符を売らなければなりません。

 

「屋根」は倉本聰氏脚本のドラマ「北の国から」の前、ドラマの元になった規模が大きい、とても素晴らしい

作品だということです。みなさん、是非是非見てくださいね。

 

昨日いろいろ話した頭もさめやらぬまま、今日は朝から我が家で海山ミーティングをするということで

朝から餅作って片付けをして大忙し。

道の駅から戻ってどうにかセーフで10時半ミーティング開始。

今日のミーティングのテーマは、先日来富良野グループよりお預かりしている品物を入れて販売する

新聞バッグをデザイン、売り方などを考える、ということ。

DSCF0117

こういう話になると面白くなってアイデアがどんどん出てきます。出て来すぎて止まらず脱線も度々。大笑いも度々。

そんなこんなしながら、デザインの基本路線が定まりました。一緒に入れる付属物も。

これを新聞バッグに入れて、長い冬を抜けた富良野の町でたくさんの観光客が「おッ、これは面白い!」と

買い物してくれたならとても嬉しい。

富良野も岩出山も小さな町なので、こんなことをきっかけに仲良くなっていけたらいいなあ、と思います。

北の国からと新聞バッグ、ラベンダーと新聞バッグ、似合ってません?

 

東京恵比寿のギャラリーまあるさんから新聞バッグのご注文を頂きました。

もうまる4年、私たちが海の手山の手ネットワークを始めてすぐからずーっと無くなったら注文するというかたちで

販売し続けてくださってます。私たちがやっていることを理解してくださっている方、ご縁をなくすことがないように

一人一人大切にしていきたいと思っています。

今から発送に行ってきます。

DSCF0120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA