広がる、広がる

       別荘をお借りすることになった陶芸のK先生が、わざわざ船橋からいらして

       くださった。

       梅農場のメンバーを除いて、代表、事務局、メンバーそろってご挨拶に行く。

       本当に今日は蒸し暑くて、先生に申し訳ないようだ。

       活動の割にはたいした売上げもないumiyamanetなので、最初の頃は荷物も

       さほど無かったのだが、全国の皆様のご支援で送っていただいている布や

       ミシンや新聞バッグなどでだいぶ荷物の容量が増えてきた。

       合わせて、いろいろな場面で協力してくださるお客様の来訪も多い。ミーティン

       グも度々しなければならないし、購入した干し椎茸を計って小袋に入れたり、

       販売準備をする場所も必要だ。みたいなことを無意識的にぼんやり考えてい

       るところに、市川コルトンプラザに来てくださったことから、降って湧いたように

       突然先生の別荘を利用させていただいてのumiyamanet事務所開設の話が

       決まったのだった。よっちゃん農場夫人の「ありがたい。ほんとにありがたい」

       の言葉どおり、私もとてもありがたい。家はきれいだし、景色もいいし、竹の子

       も柿の実もすずらんもいっぱいある。採らなくてもあるだけで豊かな気持ちにな

       る。もうひとつ、ありがたいのは、これまで思いつかなかった新しい考えを、先

       生から聞けることだ。

       そのひとつ。レース編みのペットボトルカバー。明日写真を撮ります。これは

       可愛い。

       その2、新聞バッグ販売のアドバイス。umiyamanet立ち位置のアドバイス。

       その3、英語の翻訳をしてくれる方が見つかった。先生が紹介してくださるそう

       だ。こうしてちょっとのことから人と人の繋がりが広がって行く。一人一人の

       想いが形を成してゆく。umiyamanetの活動は忙しく、きついことも多いが、この

       広がる、広がるがumiyamanetの醍醐味なんだろうなあ、と思う。

          

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA