那須トラピスト

那須の修道院にいる友人の体の具合があまりよくない、と聞いて、東京の友だちと二人、修道院を訪ねることにしました。

トラピストを訪ねるときは、普段友人を訪ねるときのように、「こんにちわー」という具合にはゆきません。
前以ってお手紙で訪ねたい日を指定してお願いし、院長様の許可がおりてから始めて訪問できます。

一緒に行くともだちとの待ち合わせは、東北新幹線、新白河駅。友だちは東京から、私は古川から。
新白河からはタクシーで行きます。

県道から一歩トラピスト修道院や聖ヨゼフ修道院がある森の中の道に入ると、そこは町とは別世界のような
深い深い緑の道が続きます。とても静かで修道院を囲む樹木はよく手入れされ、ブッシュには山ユリが咲き乱れていました。

ここは厳律シトー会那須の聖母修道院といい、「祈り働け」をモットーに神に自己を捧げた修道尼たちが
沈黙を護りながらシンプルな生活を送っておられます。

昨年にも一度訪ねたので、友人と会うのは1年ぶりくらい。
どんなふうに具合がよくないのかと、とても心配でしたが、にこやかに現われた友人、グリーリ栄子さんは
少し細くなられたけれど、治療が終わって想像していたよりうんと元気でした。よかったーーあ、ほんとによかった。安心した。

一度軽い脳梗塞にもなりかけたけれど、すぐに周りの修道尼さんが気がついて病院に運ばれ、治療をして
今はなんともないとのこと。今の病気もそう。栄子さん、運の強い人です。

早寝、早起き、修道院の農園で採れた食材を食べて、1日に何度も行われるミサで祈って、トラピストの特産のお菓子であるガレットを作るお仕事をして、私たちよりもうんと健康的な生活を送っておられるのだもの。来年もまた会えるよね、と喜び合いました。

「金色の翼にのって」の著者、マルセル・グリーリ夫人の栄子さんをご存知の方が多いと思います。
栄子さんはお元気でした。そして修道院におられるけれども、とてもお綺麗でした。しっかりした力のある目も、しっかりしたお話の仕方も健在でした。

また来年も会えることを祈って、ウグイスが囀る深い森の修道院をあとにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

那須トラピスト” への6件のコメント

  1. はじめまして。突然ですが、コメントさせていただきます。
    「エッセイ」を検索していたところ、「黄金の翼に乗って」を見つけ、貴ブログにたどり着きました。
    二十数年前、四谷の麹町教会で開かれていたネメシェギ神父様のキリスト教講座で洗礼の準備をされていたグリーリさんと知り合った者です。
    貴ブログにグリーリさんについて書かれているのを見て、驚いて読ませていただきました。
    グリーリさんが修道院に入ると考えておられるということは当時私も伺っておりましたが、17年前にこの神父様が再来日された際のパーティーでお会いした以来、その後どうなさっているのか全く存じませんでした。
    本棚でほこりをかぶっていた、署名メッセージ入りの「黄金の翼に乗って」を久しぶりに手に取りました。
    この本の出版記念パーティーにも招いていただいたことを思い出します。受付がなんと指揮者の若杉弘さんだったり、東敦子さんが歌唱を披露されたりと、豪華なパーティーでした。
    二年前にご病気だったそうですが、今もお元気でしょうか。
    周りを明るくするすてきな笑顔が印象的な方ですよね。
    もしまたお会いになる機会がございましたら、お手数ですが、ぜひよろしくお伝えください。
    もう私のことなど忘れていらっしゃるかもしれませんが。
    初めてのコメントの上、妙なことを申し上げて申し訳ありません。

    1. 黒滝様 コメントをくださって有難うございます。グリーリさんは故高田宏(作家)氏のエッセイ教室の仲間でした。
      そこにおられるだけで華やかな方ですが、修道尼になられても華やかな笑顔は変わらず、今もお元気にお勤めに励まれています。
      美智子さまとのご交流も変わらず、私もですがお会いすれば豊富なお話で楽しませて頂いています。前もって修道院にお願い
      すれば院長様の許可が出てグリーリさんにお会いできます。喜ばれると思います。修道尼としてフランカさんというお名前です。
      一度お訪ねになったらいかがでしょうか。修道院には宿泊所もあります。毎年6月頃に修道院を訪ねます。お会いしたら黒滝
      さまのことをお伝え致します。

      1. omochi様
        ご多忙のところ迅速なご回答ありがとうございました。(夜遅くにすいませんでした)

        グリリさんがまだ元気でいらっしゃるとのこと、本当に安心しました。

        音楽ばかりでなく本も書かれるなんて、多才な方だと思いましたが、なるほど高田宏氏のエッセイ教室に通っておられたとは存じませんでした。

        美智子様とご同窓であるという話は伺っておりましたが、今さらながらすごい人と会っていたんだなと、思わずにはいられません。

        最後にパーティーでお会いしたとき、私は家内と一緒にまだベビーカーに乗っていた長男を連れて参ったのですが、グリリさんが赤ん坊だった長男をあやそうと抱きあげたところ、長男はいきなりグリリさんの豪華な真珠のネックレスに興味を持ってつかんで引っ張り始め、グリリさんが思わず「黒滝さん、助けてッ!」と叫ばれたのを今でも思い出します。(無事に手を離しました)

        もし行けるものでしたらぜひ修道院に訪問したいのですが、ブラジルのテレジーナという田舎町に住んでおりましてちょっと難しいです。ですから6月のご訪問の際に、お伝えいただけるとの事、本当にありがたく存じます。是非「お懐かしいです。お元気と聞いてうれしいです。私たちは五人家族になり、みな元気に暮らしております。お祈りください。」とお伝えください。

        トラピスト会の修道服はグリリさんの笑顔にとても似合っているでしょうね。

        1. 修道服はよく似合っておられます。もともとエネルギッシュな栄子さんのパワーは修道院に於いても変わらず、
          お伺いすると、とてもとても喜んでたくさんお話をしてくださいます。ベトナムからのシスターのお世話をなさり、
          お池の鯉にご主人と息子さんの名前をつけて寂しい時は、声をかけるのだ、と仰っていました。
          規律厳しい修道院の生活ですからお手紙を出されると、大変喜ばれるのではないでしょうか。
          お正月には年賀状の代わりに、必ず1年の修道院の出来事を書いたお手紙を書いてくださいます。
          昨年は那須ご静養時に修道院をお訪ねになられた美智子さまご夫妻のことが詳しく書かれていました。
          とても楽しそうでした。
          修道院の住所は
          329-3224 栃木県那須郡那須町大字豊原乙3101 シトー会那須の聖母修道院(那須トラピスト修道院)グリーリ栄子さんです。
          お近くであれば是非行って頂きたいと思ったのでしたが、まさか遠いブラジルにいらっしゃるとは想像もしませんでした。
          この度の熊本の大きな地震では、先日ホームステイで預かったラオス国立大学の女の子からすぐにメールが届きましたし、
          先月日本で栄養士の資格をとってイスラエルに帰った友人(イスラエル国籍の日本人女性です)からも、即刻メールが
          届きました。驚くほど便利な世の中になったものですね。
          栄子さんのお写真をブログにアップできないので修道服姿をお見せできず残念です。
          今ブラジルでは何時頃かもわからずお返事をさしあげます。ではまた。

  2. omochi様
    こちらは丁度12時間の違いで、昼夜を逆転するだけで、時刻は変わりません。そちらが午前10時でしたら、こちらは午後10時です。ちなみにPCを使っていますので、何時でもなんら問題はありません。

    さて池の鯉のお話はちょっぴりしんみりしましたが、美智子様ご夫妻…そうですか。すごいです。

    あのきらびやかな生活をすべて投げ打ち、ただ神様のためだけに生きることを選んで聖書の言葉をそのまま実践されているのですから、頭が下がります。

    写真の掲載を催促しようとしたわけではもちろんないので、ご心配なく。心の中であの笑顔と修道服を組み合わせるだけで十分です。修道院住所ありがとうございました。手紙を送ってみます。

    おっしゃる通り、本当に便利な世の中になったものですね。こうして何十年も前の旧友の消息を地球の裏側から知ることができ、昨日まで知らなかった方と知り合えるのですから。omochi様とこのような縁でお話できて幸いです。

    これからもますますのご活躍、特に新聞バッグのますますのご成功をお祈りします。

    1. 追伸。12時間違いといえば今は深夜1時10分。ひとつだけ付け加えさせて頂きます。omochiこと私は曽木玲子と申します。グリーリさんにお手紙を出される際には、どうぞ曽木からもよろしく、とお伝えくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA