復興ってなんだろう

 南三陸志津川で菊栽培をなさっていた0さんご夫婦にお会いしました。

 0さんは船のお仕事を辞められた後菊栽培に携わって10年。

 311には津波で家と菊の畑と愛犬が流されてしまったそうです。

 奥様は出先の仙台から戻る途中に地震が起き、ご主人と6日間

 連絡がとれなかったとのこと。静かなご主人と元気でかわいらしい

奥様から直接お話をうかがっていると、本当にご主人が助かってよかった、

と心から思います。

 今年菊を作ってみたい私は、0さんにめぐり合えたこの機会に菊の栽培を

習うことにしました。0さんが菊のピンチをやってくださっている間、奥様と私は

おしゃべりが止まりません。

 0さんは66歳。20万円とかいう電器製品1セット付き仮設住宅を申し込まれて

いるそうです。でも当たったら、入るでしょうけど水が出ない。仮設住宅を期限の

2年で出ても元の場所には住みたくない。と奥様は言います。

 仮設住宅に被災者のみなさんが入居したら、それが復興のような気がするけど、

それは全然復興じゃない。復興市も復興イベントもそれはやっぱり復興じゃない。

 住宅に入居して、それからがほんとうの復興。自分の住まいを作って、畑を得て

 またお仕事の再開ができるまで、何段階ものご苦労です。

 ご夫妻にお会いできて今日は良い日でした。

 これから0先生、とお呼びします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA