新しい車がやってきた!

昨日はザーザー雨降りで、今日はここは北海道か、と疑いたくなるような雪。いや時々吹雪いてます。

昨年の晩秋に注文した新しい車。4台目のホンダフィットがとうとうやってきました。4台目は違う車にしたいといろいろ探してみたのですが、荷物を運ぶとか、軽自動車は雪や凍りつく日は怖いとか、あまりに進化した今風の車はどうしていいかわからんとか、思うところが多くて最後は面倒になり、やっぱり乗りなれた フィット。

12月末にホンダさんに来たまんま、預かってもらっていたのですが、遂に持ってこられてしまった。
というのが正直な心境。

前のフィットは娘が乗って夫が乗って私が乗って222000キロ、この東北を走りに走ってさしたる事故もなく
命を護ってもらいました。母、父、夫、順ぐりに病院へ送って迎えて、思えば介護車みたいだったなあ、   と今思います。みんな旅立ってしまって私は一人でこの車に乗るわけですが、後何年運転するのだか。

新しい車は恐れていたとおり、キーは自分が持っていればよくて、ボタンを押せばエンジンがかかるという
ヤツ。今これしかないんだよ。便利なんだよ、と周りからも言われたけれど、なんだかキーを回して始動のエンジン音を聴くという動作がないというのは不安定で初日はげっそり疲れました。

とにかく安全に勝手にエンジンがかからないようになっている。キーも昔のように「もう1本スペアを作って
おこうかなあ」と鍵屋さんで作れるようなものではなく、暗証番号を覚えておかなければ壊れた時
にも困るそうな。

進化なんだけど、私が出る幕がないような。便利に任せた認知症予備軍になるような。でもなあ、年寄り
なんだから安全第一だからなあ、と車の傍で思い乱れていたら、
「何やってんの」と来合わせた郵便屋さんから「そんなことで悩んでいるうちは認知症なんかならないから。
さっさと乗りなさい」と一喝されました。

この間近所の郵便局で、腰と背が曲がったずいぶんお年らしいおばあさんと居合わせました。
外には軽トラが1台。送ってきた人見えないなあ、と思っていたら、用事が終わったおばあさんは運転席
にかじりつくようにしてよじ登り、自分で運転して帰られました。

マニュアル車だよ。
ここはそういうところなんです。
ここに住むならやるっきゃないんです。がんばろう!

 

 

確定申告の締め切りが近づいてきて、この数日ほとんどの時間をパソコンの前で入力したり、あれがない、
これがない、と探し物ばかりしています。

昨年まで、領収書類を入力したら、「ハイヨ」と夫に渡してあとはどこ吹く風だった怠慢が、今年はもろに
覆いかぶさってきて、何をどう書いたらいいのかわからんことばかり。おまけに昨年までの書類を夫が
どこにしまったのか見当がつかず、「どうしよう」と夢にまで出てくるようだったのが、さっき家捜しして
ついに見つけました。木箱の中にれいれいしく納まっていた。

あー、よかった!
ほっとしてブログ書いてます。
早いもので今日よっちゃんがニューヨークから帰ってきます。帰れば帰ったで、やることは山積しています。

もうすぐ大震災から丸3年。例年のことですがテレビでは毎日のように被災地の今というような番組やって
います。なんだか何を見てもどれを見ても「うーーむ」という心境。とにかく新聞バッグはたくさん折らなければならない現状。早く申告終わらせて新聞バッグ作りたい!!私も。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA