歳の瀬

また雪増えた。40センチ。
でもお日さまが昇ってきました。晴れるか。 晴れてほしいー!

DSCF1305

今日は29日。
普通のお宅ではお餅を搗かない日なんでしょうが、お餅屋の私は受けている注文があるので、今日は1日
お餅つきです。

そんな中、今日は嬉しいお客様がありました。

夫が仕事をしていた会社の元部下の方で、喪中の知らせを読んで、東京からこの電車が混む時期をものともせず、訪ねてくださいました。朝3時に家を出られたそうですが、ほんとうに有難く、夫がどんなにか喜んで
いることだろう、と思います。

生きているうちに会わせたかった、と思うと込み上げるものがあるので、そこは考えず、今の会社のこととか
海山ネットの話とか、たくさんお話しをすることができて、本当にお会いできてよかった。

大震災以来、突然何かのことで思いがけない方に出会うと、これは「新しいご縁の始まりか」と思うようになりました。昔知っていた方に出会っても、新しい方に出会っても同じで、私の直感が「それは正しいんだよ」と言っているような気がします。

今年の秋に筑波大学の農村学会で初めてお会いした天野寛子先生(昭和女子大学名誉教授)から先に
頂いたフリー刺繍の画集「繋ぐ②」の前に出版された①が送られてきました。

刺繍というのはフランス刺繍とか日本刺繍とか一応型があるんですが、天野先生の刺繍はフリーと名の
付くとおり絵を描くように自由に縫われた絵画のような刺繍です。

画集でこんなに美しいのだから是非とも展示会で本物を見てみたい、と願っていたら、先生からの
お手紙に春に陸前高田で展示がある、と書かれていました。

ししゅう高田松原プロジェクト、とあるので刺繍と高田の松原を繋ぐ何かがあるのかもしれない。
そんな期待をしながら、絶対見に行こう、とカレンダーに印をつけています。

 

しかし、まあ、しんしんしんしんと今も雪が降り続いている。
明日、どうなるんだろうと心配です。ここに越してきた年の年末大雪の時のように60㎝とか。
あの時は根雪になって冬中雪との格闘だったので、あんなのは勘弁してほしいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA