天野寛子フリー刺繍画集

台風一過。

いつものことですが、宮城県、県北の山の中のここはたいしたことなく、台風は行ってしまいました。
全部の学校が休校になるというので、そんなにひどいのだったら、お餅を作っても仕方がない、と
思って、お餅仕事はやめました。

ひょっこりできた手持無沙汰な一日。

片付けものをしたり、おでんを煮たり、急に思いついて美容院に行ったり。もともとくせ毛なのに数年
ぶりにパーマをかけてみたり。

そんな1日でしたが、大変嬉しいことがありました。

筑波の農村生活研究会でお会いし、帰りの電車で東京までご一緒した昭和女子大学、名誉教授の    天野寛子先生から、先生が「送ります」と仰ったとおりに、『繋ぐ』という、先生がご自身で縫われた      東日本大震災を起こったことを刺繍で描いた、フリー刺繍の画集を送ってくださったのです。

なんと言い表したらいいのか、鮮やかではないのだけれど、抑えた美しい色で縫われた大津波の
刺繍、爆発し建屋が壊れた福島第1原発の刺繍。役所の風景。石巻の空で泳ぐこいのぼり。
どのページにも天野先生の言葉が、日本語と英語で併記されています。世界に通用する刺繍の画集
です。

見たことがある人は少ないでしょう。写真で見ていただきたいけど、私はカメラを筑波に忘れてきて
しまいました。お見せできないのがとても残念です。

 

実に美しいこの刺繍画集は、その美しさも暖かい優しさも、先生ご自身から紡ぎ出された言葉で彩ら
れています。こういう方がいらっしゃるとは、そしてたまたまの偶然で出会えるとは、筑波に出かけた
ことが神様からの贈りもののように思えます。

最初に画集を開いた時に、常にこらえている涙が止まりませんでした。
毎日毎日、新聞にでもテレビにでも手を合わせ、「助けてください、助けてください」と涙していた日々が
昨日のことのように甦りました。

東北大震災は、東北に住まう私にとっては風化どころではなく、今も現実の日々そのままです。
この刺繍画集は、そのことを報道の写真ではなく、柔らかく美しい刺繍で「ゆっくり、ゆっくり進めばよい」
と教えてくれます。

天野先生。素晴らしい刺繍画集をお送りくださって、ありがとうございました。
たくさんの人に見てほしい、と思うので、図書館勤めの嫁さんにも伝えようと思います。

 

私たちの町は台風の被害には合いませんでしたが、伊豆大島ではたくさんの方々に被害が出ている
ようです。行方が分らない方々のご無事をお祈り致します。

 

 

 

 

 

天野寛子フリー刺繍画集” への1件のコメント

  1. 昨年 神戸で作品展を見せていただき次回、関西方面で開催されます時には是非 お知らせいただきたいとお願いいたしましたら、3月に京都で開催予定があるのでお知らせします。と言っていただいたのでお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA