手を使って物を作ろう

             福岡の友人達から荷物が送られてきた。

      友達のまたお友達という方から(お歳は80歳を越えられているらしい)これまで

      作りためたというキルトのバッグをたくさんと、みんなで作ったというたくさんのお

      炊事帽子。全部を売って支援金にしてくださいということだが、あまりにも手の込

      んだキルトバッグで、こういうものを簡単にお金に替えていいのかと思うほどレベ

      ルが高い。デザインも色使いも都会的で、知り合いの手芸店で値段をつけても

      らったら1万円でも買うお客様がいると聞いて仰天。お返ししようかと友達に尋

      ねたら、それでもいいと仰ってくださっているというので売ることにした。

      もうひとつのお炊事キャップは、どんなものだろうと私自身も思っていたが、可

      愛いデザインで、お餅屋の私には丁度よい。三角巾を被るよりよほど涼しく

      軽いので、同じくお餅屋の夫にも被せた。出かけたところで帽子を見せたら

      あっという間に売り切れた。蕎麦屋の女性たち、厨房で使うという男性、ヘル

      メットの下に丁度よいという男性、闘病中の病床で被るという方、使い方はさま

      ざまだ。ほんの少しの布地で作れる簡素で可愛いお炊事キャップ。 Oさんに

      たくさん作って、とお願いしたが、これからはこうしてみんなが手で作れるものを

      作ったほうがいいのではないかしら。私が子育てをしていた頃は、子供の服を

      自分で縫っていた。本をみながら。セーターも自分で編んでいた。それが何時の

      間にかできるだけ安価な既製品を買い、着なくなったら捨てるような生活を長

      年続けてきた。全部が全部とは言わないけれど、少しでも手を使おうよ、と見直

      すきっかけになればいい。キルトのバッグはまた作って送ります。目標ができて

      ありがたいとのこと。心を込めて作りますから売って支援金にしてくださいという

      みんなの想いを受け止めて、丁寧に販売しようと思います。

       ありがとうございました。                   山の手S記

      

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA