東北新聞バッグプロジェクト2013in陸前高田

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰ってきた1本松

昨年の秋以来かな。数か月ぶりに陸前高田に行ってきました。

やはり陸前高田を見ると「凄いなあ」と思います。何が凄いんだかよくわからんのだけれども、その被害の
広さ、凄さ、今やっていることの凄さ、全部ひっくるめて「凄いなあ」と思う。

何故陸前高田に突然やってきたかというと、今年第2回目になる東北新聞バッグプロジェクトで一緒にやる
チームが陸前高田と気仙沼の方々だからです。昨年は南三陸と名取の方でした。

今日第1回目となるワークショップ参加者は海山からは元代表よっちゃん、そして元四万十のインストラクター兼事務局だったクロダさん。だけだったのですが、本日急に思い立ってやっぱり話はちゃんと聞いて
おこう、とあやさん、と私は急遽後から参加。1時過ぎに家を出て、本吉海岸、気仙沼経由でほぼ2時間半。

海沿い主要幹線道路45号線沿いの景色はずいぶん変わりました。壊れた堤防を修復したところもかなり
見受けられ、特に陸前高田に入ってからはこの雑然とした混沌が「活気がある」とさえ感じられます。

しかし町そのものはないので山手へ山手へ。会場までぐるぐる探して15分ほども走りました。

会場の竹駒コミュニティーセンターへ。
参集されている陸前高田チームも気仙沼チームも若い方が多い。こころ強いです。
四万十ドラマの畦地社長、梅原真デザイナーもみえてます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はもう歳でたいしたことはできないけれど、若い方たちの力でプロジェクトがんばってほしいです。

5時過ぎ終わってせっかくだからと奇跡の1本松へ。
1本松のあたりはずいぶん変わりました。簡易的なお店はいくつか見受けられるし、1本松は見物の人々
で大混雑でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は暑かった。
竹駒会場でも暑かったけれど、家に帰ってからも蒸し暑ーい。
朝起きた時は、空気が冷えて寒いくらいなのに、この温度差は堪えます。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA