間に合わない1日

先日ともだちと一緒に南三陸に行った時は寒かった。
連日用事が多くて疲れているので、まずいなあ、風邪ひくんではないかと用心はしていたんですが、やっぱり、
きっちりと風邪をひいて、そしてその風邪の身体中が痛いこと!

熱より咳より身体中が痛いのに閉口しているところに、今日はこなさなければならない用事がふたつあり、
寝ているわけにはゆきません。

ひとつ、明日は東京は自由が丘の産経カルチャーセンターの新聞バッグ講座の2回目。受講生の方にお渡し
する道具やお土産を今日のうちに梱包してセンターに送らなければならないことと、講師を勤めるあやさんと
会って、切符を渡したり、詳細を詰めとかねばならない。

というわけで、朝のお餅仕事を終えた足で、あやさんのアルバイト先の鳴子温泉の名物喫茶店「玉子や」さんへ
向かいました。今日は店主のMさんもおられて、大震災後3年という今の時期の商売の難しさや、これから
どうすべきか、鳴子温泉にお客さんに足を運んでもらうにはどんな方法があるのか、などなど論議、雑談する
こと1時間半あまり。その間、なんというか、やっぱりお客さんが少ないんですよ。勿論「玉子や」さんも外を
歩く観光の人々も。

鳴子温泉はほんとにお湯がいい温泉地です。お湯の質が9種類だかあって、よりどりみどり。好きな温泉に
入れます。お休みには是非鳴子温泉に来てください。

 

仕事が終わったあやさんと自宅に戻って道具の梱包作業。3時半すぎて終わって、荷物をあやさんに託し
私は大急ぎでもう一つの用事の現場である道の駅へ。

今日は横綱白鵬さんとその他のお相撲さん、宮城野部屋のご一行様15人ほどが、道の駅に来る日なのです。
先日社長からその話があって、出荷組合の理事会で「お餅つき」をしようと決めたのですが、今日は4時から
お相撲さんたちにお餅をついて頂くことになってます。
役員は2時半集合だったけど、身体が痛いのと梱包作業でそれは無理なので見送りました。

でもまあ、後片づけくらいは、とこの際だから孫も連れ、大急ぎで道の駅に駆けつけましたが、なんとまあ4時    には終わってしまい、お相撲さんは帰りのバスに乗り込むところでした。見えたのは白鵬の笑顔だけ。
それにしても白鵬さん、優勝直後ではないですか。よく来てくれたなあ、と感心しつつ見送るだけでした。

男性役員全員出ているので、風邪っぴきの年寄りは、後片付けも失礼して帰宅。
4歳孫にお餅つきもお相撲さんも見せてやれず、こんな時に風邪をひいて身体中が痛いなんて、自分の間尺の
合わなさにうんざりした今日でした。治りたいので全部の仕事を止めて10時間くらい寝ます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA