寒波

今日、夕方5時に国道47号線を車で走っていて、電光掲示板の温度がマイナス7度。
北海道じゃないんだから、津軽じゃないんだからこれはちょっとびっくりするような温度です。

帰宅して夜8時になったら、外気温はマイナス10度。外は真っ暗なんですけど、空は
晴れ上がって月も星も煌々と輝いています。
引っ越してきて10年、明け方にマイナス10度にはなったことはあるけど、夕方とか
夜の7時や8時にこんな低温になったことはないですよ。

車で国道走っていて、マイナス7度なんだけど、気配的にそんな雰囲気が全然ないのです。
雪は路上にはほとんどないし、道路脇には除雪の雪もなく、真っ白なのは田んぼや畑だけ。
あまりにも普通にみえるから油断してブレーキ踏んじゃうかもしれない。
ただ駐車場なんかで車から降りるとツルツル。ハウスの春苗の根が切れてるんじゃないかと
心配で、そーっと引っ張ったりしてみてるんだけど、今のところは大丈夫みたい。

野菜も丈が伸びないので道の駅の野菜は、出てくるとすぐ売り切れてしまいます。畑に居つい
てる猫も(屋内)うちの倉庫に居ついてる猫もあんまり寒いから、毎日ホカロン入れてやりに
通ってるんだけど、いやあ、ちょっとこの寒さは勘弁してほしい。あと何時までかな。

 

明日は仙台から手芸と洋裁の先生が布小物の試作品を持ってきてくれます。
そのことで今日、登米の仮設のNPO代表のSさんと話したら、南三陸で本格的に手芸や洋裁の
技術を身に付けたいと望んでいる方が数名おられるそうです。どんなふうにして勉強できる
ようしたらいいのかこれからの課題。先生にどうやって講師料払ったらいいのかそれもものすごく
悩ましいこれからの課題。難問いっぱいです。

 

 

 

 

寒波” への2件のコメント

  1. 本当に今年は身の引き締まるような寒い冬です。暖冬傾向が続いたので私たちも本来の寒さを忘れていたのかも知れません。

    曾木さんは、ノラ猫も可愛がっているんですね。

    もともとあった産業を復活させるというための基金募集はよくみられるようになってきましたが、ゼロからの出発のためのお金の調達はどうすればいいんだろう。

    1. この国では寄付金に税金がかかることになっているので、それが公益性のある事業でも
      個人でやるのだったら、借金でもして個人でやるしかないのです。
      海山ネットは最初に沿岸部で被災した方のわかめを買っちゃったので、支払うために
      各自手出し、また次に家も仕事道具も全部流された方の干椎茸を買っちゃたので、
      必死で販売活動を始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA