台湾訪日団第3弾帰国後アクション発表会

 

この大雪の中、今日は午後から「キズナ強化プロジェクト」台湾訪日第3弾の帰国後アクション発表会です。

私も「復興応援支援活動理解」のための活動紹介として、新聞バッグを一緒に作った団体ということで
参加することになっています。が、この大雪で車を出せるのか。

「一旦出たら帰ってこれないよ」というシャベルを持って送り出してくれた家族の声を後に、出るには出ましたが、  滑ること滑ること。いやあ、車を運転して、こんなに滑って対向車が怖い経験は初めてでした。

 

それでも会場の古川中央公民館に時間ギリギリに到着。
先日鳴子温泉観光ホテルで新聞バッグを作った台湾学生団は、ホテルから歩いて会場に来たのだそうです。

今日は総括だということです。「総括」とは何ぞやと、期待を胸に会場に入りました。

 

キズナ強化プロジェクトとは何だろう、と思っていたのですが、

このプロジェクト参加者がプログラムを通じて感じた日本の復興の姿や各地の魅力を海外に発信し、日本への
風評被害の一助とする。

農家体験への参加や、被災地の観光や教育や産業と連携したプログラムを実施して復興を支援する。

被災地や復興の姿を見て、大震災の経験を国際社会と共有するとともに、海外からの応援の気持ちを伝え、
被災地と各国の絆を強める。

というプロジェクトの目的があります。

その目的に沿って台湾からの学生団はホテルで、帰国後にどういうアクションを進めるかというワークショップ
を重ね、今日はその発表会なのでした。

20の大学、大学院から来た106人の学生が4班に分かれて発表します。

Aグループです。

帰国後のアクションを短期、中期、長期に亘って進めるという大きな計画でした。

短期には帰ったらすぐに、「見てきた情報を伝える」「新聞バッグや撮った写真の展示会をする」「農産物の紹介」
等々盛りだくさん。中期には座談会を開いたり、ネットを活用したり、長期には企業と連携して旅行プランを
たてるなど。

それはそれは細かく綿密に帰国後のアクション計画が練られています。

そしてBグループ

東北応援ポスターを作った。大崎市と被災地に送りたい、ということで大崎市は頂戴しました。

そしてAグループと同様、被災地の自然や人々の文化を取り戻し、台湾の人々に防災の意識を伝える
綿密なアクション計画を発表してくれました。

 

Cグループ

この方は日本語が上手です。みんな上手だけど。

「立ち上がろう 宮城」ということで、情報の発信を宮城に限定したい。

限定の理由。限定したうえで宮城の実情をどう発信し、どんな形で応援していくかと、発表。

 

Dグループ

ご覧のとおりタンポポプロジェクト。
タンポポのたねのように世界中に希望、諦めない心、笑顔、私たちの思いが飛んでいくように。

バスで異動しながら、ホテルに戻ってこれだけのことをやってくれたのだと思うと感動します。感謝します。

 

素晴らしい発表会でした。

私は感動しました。外国の若者たちがこれほど真面目に力強く東北を応援するために、自国へ戻ってからの
活動を考えてくれているのですから。

キズナ強化プロジェクトの実施団体である日本国際協力センターにもお礼申し上げます。
参加させていただいてほんとうによかった。新聞バッグを通して、また台湾との新しい繋がりが生まれます。

雪と氷がシャーベット状になった駐車場で、台湾学生一団が雪ダルマを囲んで写真の撮影中。
車を出す時に、ふと横を見ると、みんなが両手を挙げて「さよなら」と手を振ってくれていました。

 

「さようなら。また、日本へ来てねー」と叫んだら、「はーーーーい!」と返事が帰りました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA