新聞バッグスペインへ

11月27日。初雪です。例年より遅いのか早いのかわからないけど、年々気候が厳しいーというんではないけど、
激しくなっていっているのを感じます。

雪が降ると、昨日まで晴れていたのにドカッと降って、切り花用のハボタンが全滅したり、ハウスが壊れたり。
根雪なるのかと思えば翌日には晴れてサーッと溶け、午後になったら冬なのに雨が降ったり。
寒気団も強烈で、これまで経験したことのないマイナス15℃になって、水道管が破裂したりポリバケツが割れたり。

付いてゆけないよ。いったいどうしたいの?と問いかけたいようなここ1、2年の気候の変動。
ああー、また強烈な冬がやってきます。不意打ち強烈気候団といった感じ。

 

一昨日くらいから、諸々、起こってくる事柄が多くて私の頭もどれか忘れそうなくらいにめくるめいています。

これまで海山ネットを支え続けてくれていたNPO事務局KJから海山ネットワークの活動を案内するリーフレットの
スペイン語訳ができました、というメールがきました。

この新聞バッグスペイン行きというのは、KJの娘さんがスペインに行ったり、最初の頃からご新聞バッグを販売し続けてくださっている東京恵比須のギャラリー、まぁるの経営者であるKさん、そしてスペインにおられるミゲルさんのご協力により、スペインのマドリードでの新聞バッグの展示が実現したものです。新聞バッグの展示ではないのですが、紙を中心とする展示イベントに一緒に入れて頂いているのだと思います。

 

度々ミゲルさんよりのお手紙や、これからなさろうとするイベントの内容、マドリードでの展示に来られるマドリードの
著名な方々のことなど、知らせを受けていたのですが、ミゲルさんの英語も第2外国語なら、こちらも英語もおぼつかないうえにスペイン語なので、どうしたものか、と頭をかかえるような思いでしたが、この度、上智大学の先生方のご助力を得て、立派な「海の手山の手ネットワーク」リーフレットスペイン語版ができあがりました。

東北大震災後、後先なく始めた海の手山の手ネットワークの活動が、このような形でスペインで紹介されるなど、
想像もしなかったことで、大変に光栄です。

 

KJや娘さん、そしてギャラリーまぁるさん、ミゲルさん、N先生、ご同僚のスペインの先生のご尽力に
敬意とともに深く感謝申し上げます。

のぶちゃん、さおりちゃん、そしてみんな。スペインまで行っちゃったよ。
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA