宮城の花事情

お盆になりました。

東北の各地から首都圏や県外に出て行った人たちが帰省して、いつも静かなこの町にも車が増え、
人が増え、短い期間だけど一気に賑やかになります。

私がこの町に住んで初めての夏、初めてのお盆にびっくりしたこと。
それはどこのお店にでももの凄いたくさんのお盆用の花束が並ぶことです。お盆前の11日、12日頃には
女の人も、男の人までも、買う時に指折数えながら、5束も6束も人によっては10束でも買って行く。
ということで、今、道の駅でも近所のスーパーマーケットでも盆花満載です。

これをほんとにみなさん、どんどん買って行く。凄い勢いで花が無くなり、私たち花を栽培する者は
畑で必死で花を切って補充する。

ここにもともと住んでいればびっくりするようなことではないのかもしれないけれど、長年東京近郊に
暮らしてそんな光景は見たことないので、一人の人があんなに花束買って何するのだろう、とびっくりしたし、
不思議でした。

東京のサラシーマンが、勤め帰りに花束を5つも6つも買うのなんて見たことないですもの。
まあ、電車でも困るしね。

以前から花を作っていた私は、花のお師匠さんから「宮城県は全国でも1、2といわれる花の消費地なんだよ」とは
聞いていたけど、実際に眼にして「ほんとなんだ」とは思ったけれど、何するのかわからなかった。

で、住むにつれてわかりました。
自分の家のお墓だけではなくて、親戚とか周りのお墓にもお花を供えるらしい。というのは今でも事情がほんとに
わかっている訳ではないので、自信を以っては言えないのですが、亡くなった夫の両親のお骨を預かって
頂いている納骨堂にも、どなたかが花を飾りトマトや果物などを供えてくださっているのです。

こんなところですから、納骨堂には夫の両親以外誰も入っていません。集落の人はみなさん檀家でお墓を持ち、
草刈りなどもしてお寺を護っておられます。
夫の両親のお墓は都会で自分たちで買った霊園にあったのですが、宮城からは遠く、長男である夫が故郷に戻る
気持ちがないので、どうしたものか、と集落の和尚様にご相談しました。

和尚様は先取の気風に富んだ方で、「いずれこういう時が来ると思っていた。先のことはわからないのだから
お墓のことは後で考えればよい。自分のほうで納骨堂を作って預かりましょう」と言っていただきました。
今我が家ではまだお墓は作っていないけど、お盆には納骨堂の観音様にお花を供えます。私が行く頃には
花入れはギュウギュウで入らないことが多いのですが。

13日の今夜のお寺は、道路からお寺まで上がる全部の階段にろうそくの灯りが灯されます。
何年か前の13日の夜、迎え火が炊かれたお寺の前を通りかかると、真っ暗な中で階段の上から下まで、
風でゆらゆら揺れるろうそくの灯りが続いているのを見て、胸の中が温かくなりました。

仏様が道に迷わないように。お参りの人たちの足元が危なくないように。

東北地方は、ご先祖様を大変大切にする土地柄なのだと思います。
周りの人に「みんながあんまりたくさんお花を買うからびっくりした」と言うと、びっくりする私に相手がびっくり、
というくらいに、ここでは当たり前のお盆迎えですが、もう盆茣蓙に供物を置き、帰省した家族との団欒が
始まっているのでしょう。

沿岸部でご家族を亡くされた方には、悲しみを新たにするお盆だと思います。
私たち海山ネットの活動も一歩一歩しか進めませんが、少しずつ進みながらみんなで元気になっていきたいですね。

 

 

 

 

宮城の花事情” への2件のコメント

  1. 家の近辺でも仏壇に供えるお花は年中切らすことがありません。
    私の目標としては冬以外はなるべく我が家の畑や庭で咲いた花をあげること。四季の移り変わりが仏様にも喜んでもらえるような気がしますし節約にもなるから。

    南三陸の小野寺さんの菊が12日に届きました。活きが良くて蕾の感じもドンピシャ。このお花に込められた海の手山の手の皆さんの思いを想像すると胸が熱くなりました。

    1. 核家族で育った私は、当地に来るまでお墓参りをしたことがなく、仏壇が家にあったこともありませんでした。
      ここに越してきて、みなさんがお墓やご先祖様を大変大切になさるのに驚きました。
      あちこち転勤で動きましたが、こんなにお花を絶やさない風習があるところは初めてで、最初は驚きましたよ。
      お盆にお墓にお花が供えられない、福島の原発事故被害の方々は、とても無念で心残りでしょうね。
      ご先祖様に申し訳ないと思って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA