世田谷ボロ市

いろんなことがいろんな形で起こります。

高知県四万十へ行った際にお会いした歌手のうーみさん(なんとうーみさんは大震災後単身南三陸で30数回ものライブというのかリサイタルというのかを行ったのだそうです。今度は被災者の方と一緒の本も出版します)のご縁で津山のゆうこさんと知り合い、そのご縁で東京のチームワンネスの方と知り合い、またそのご縁で海山ネットの新聞バッグと南三陸で作ってもらった布小物を世田谷ボロ市で販売していただけるようになりました。

世田谷ボロ市  12月15日と16日、朝9時くらいから夜10時までだそうです。

近所に住んでいる私と知り合いの方々、是非のぞいてみてくださいね。世田谷の近くに住んでいたことはあるけどボロ市には行ったことがないのです。有名な市で30万人も人が集まるのだと聞いてびっくりしました。気仙沼の仮設住宅でフクロウの飾りを作っていらっしゃる方たちも来られるそうです。

今は海の産物を販売するのがちょっと無理な気仙沼の方々、そして放射能問題で農産物を東京で買ってもらうのがちょっと難しい私たち宮城県内陸の生産者、一緒に東京のお客様に見てもらって、「お、ちょっといいな!」と復興への意気込みとささやかでも仮設住宅で一生懸命に作った品物を買ってもらえたら嬉しいですね。

戸外の市だからお天気が良いことを願います。

12月の次は1月15日と16日だそうです。東京のみなさん、よろしく!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA