いじめの動画&バースデイパーティ

見たいとも思ってなかったんだけれど、昨日から報道されている中学3年が小学生を殴る蹴るの動画
を、今朝の民放のテレビでやっていたものだからつい見てしまいました。

長-い動画。現地の教育委員会がこれを「いじめ」と認定すると言ってました。
なぜ「いじめ」と認定するのかと問われて「場合によれば命にも関わると認識させるために」
と答えていました。が、大きな子供が小さい子供を大けがするくらい殴ったり蹴ったりして、それを動画にまで撮っているのに、「それは命に関わることだよ」と認識させるために「いじめ」と認定するの?

これが「いじめ」?

一体「いじめ」という言葉の定義は何?どこからどこまで?
これは暴行だよ。傷害。大人だったら逮捕される暴行事件なのに中学生だったら「いじめ」になるのですか。
この暴行現場には何人もの傍観者がいる訳で、「ちょっとずれてますねえ」とコメンテイターの人が言って
たけど、ちょっとじゃないです。完璧ずれてる。

ほんとうに本気になって子供と対峙する大人が増えてほしいと思います。
私が子供の頃の大人は怖かったですよ。習字の道具を忘れたら道具箱で頭を引っぱたかれていたし、
夏の体育授業の水泳では棒でつつかれて泳がされていた。立たされるし、座らされるし、職員室に
呼び出されるし、気が抜けませんでした。正しい場合もあるし、理不尽な場合もある。でも大人はそんな
もんだと思ってました。

でもね、先生が生徒の財布を盗んでみたり、警察の剣道では日本一の警察官が児童ポルノ売買に
関わったり(昨日、一昨日のニュースですよ)、子供を導き市民を守る尊い職業に就いたはずの大人の
未熟で醜い行いが連日テレビや新聞やネットで報道されるのです。

単純に、大人にも子供にもビビらない強くて謙虚な大人がもっと増えなきゃならないと思います。
子供をかわいがり、恐れず、叱る大人が。

 

さて、長野の続きは誕生会です。

車の中で判明したのですが、奇しくもよっちゃん奥さんみっちゃんと、あかりちゃんは同じ誕生日でした。

えーッ! どうしよう。どうしよう。
みっちゃんが誕生日と知ってオカザワさんと私はプレゼントの準備をしていたのですが、あかりちゃん
のことは知らなかった。さあ、大変。販売の間を縫ってコソコソコソコソ。二人で会場を見て歩いて小さな木の実のンダントを選びました。オカザワさんは東京から長野までのバスの時間に赤い糸と緑の糸でとうがらしを編み上げました。

誕生会の会場は、オカザワさんが予約してくれた千曲市の屋代駅すぐ近くのイタリアンレストラン。
ラフォーレというお店です。このお店の付近の町の雰囲気はそれは素晴らしい。古い家もモノもとても
素敵に今も使われています。

前以って頼んでいたよっちゃんからみっちゃんへの花束も届きました。
ハッピバースデイみっちゃん、ハッピバースデイあかりちゃんの始まりです。
他のテーブルのお客様も拍手で祝ってくださいましたよ。

少々ウルウル気味のよっちゃん。

宴たけなわの最中、突然電気が消えました。
運ばれたきたのは大きなフルーツピザ。ラ・フォーレさんからの贈り物でした。

これはお店の入り口の灯りです。

ほんとに楽しいバースデイパーティでした。まさか長野でみんな一緒にこんな夜が過ごせるなんて。
みーんな楽しかったと思います。

店主の順子さん、息子さんやお店の方々、お店のお客様、一緒に祝っていただきまして、
ありがとうございました。

 

 

 

いじめの動画&バースデイパーティ” への1件のコメント

  1. 良き長野時間、良き記念日!
    皆で過ごせて、本当によかった。
    次回は、ぜひ、参加!!

    いろんな人や世代が集まり、話す事は大事なこと。
    そこから学ぶ事は、子どもも大人もあるはずです。
    今の社会が変わらないと、生きにくくなるばかり。
    元に戻さないと!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA